音フェチ動画、ASMRの歴史

Image used in illustration by Fancy Studio/Shutterstock



これまでの変化とこれからの展望

より多くの研究が進められる中、カウセリングの専門家や睡眠スペシャリストの中には、施術にASMRの原理を取り入れている者もいる。

カート・ラムゼイ:
カップルを診るときは相手と共感できるような生産的な会話の仕方をいつも教えています。最近は「お二人には座って会話をしていただきます。話題は何でも結構です。ただし、互いに囁き声でしゃべってください」と言うようになったのですが、非常に面白いことが起きるんです。オフィスのソファに座ったカップルの身体が近づいていくんですよ。普段は大声で喧嘩するカップルも、囁き声で話し出したら「なんだか親密な雰囲気。これなら上手くやれそう。今は意見が合わないけど、これなら上手くやれそうだ」って気分になるんです。

ASMRは大企業に今後もさらに大金をもたらすだろう。

メリンダ・ロウ:
ASMRは今伸び盛りの健康業界全体の一部です。誰もが次の健康トレンドとして狙っています。

フレッド・レヴロン:
非常に活動的で、感度の高い巨大なオーディエンスが確実に存在します。企業にとっては間違いなく狙い目ですね。

GentleWhispering:
航空会社が機内エンターテインメントにASMRを導入し始めているわね。それが次のステップじゃないかしら。理に適ってると思うの。フライト時間は長いし、ASMRは睡眠にぴったり。これぞ理想の組み合わせね。

Gibi ASMR:
私が興味あるのは、次にどのプラットフォームが来るか、ということ。YouTubeはこの先もずっとASMRのホームグラウンドであり続けると思うけど、YouTubeがどの方向に進むかが見えないのよ。Spotifyでも上手くやってるし、これからはあらゆる大手プラットフォームを制覇するんじゃないかしらね。

ジェニファー・アレン:
私が今まで見てきた大きな変化のひとつはみんな(ASMRを)当たり前のものとして受け入れられるようになったことで、本当に喜ばしいことです。個人的にも、それがコミュニティーの大きな目標のひとつでした。だから、皆さんが自由にASMRについて話しているのを見ると嬉しいんです。もう恥ずかしがる必要もないし、作り話だと思われることもないんです。

WhispersRed:
ヨガだって、日常生活に馴染むまで20~30年かかったのよ。子供の頃、年配の女性がよく「ヨガなんかに現を抜かして」って言ってたわ。ニューエイジのヒッピーのものだと軽視されてたのね。今じゃ完全に普通だし、みんなフィットネス目的でやってる。ASMRも、同じような形で認められるにはまだまだ時間がかかるでしょうね。

QueenOfSerene:
インターネット版『裸の王様』ね。他のみんなは変だと言うけど、ある日はたと気がつくの。ちっとも変じゃないって。

Translated by Akiko Kato

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE