Juice=Juiceが語る、実力派と言われる「歌」をメンバー目線で徹底解説

Juice=Juice:左から段原瑠々、金澤朋子、井上玲音(Photo by Rika Tomomatsu)



Juice=Juiceのユニゾンの強み

―「がんばれないよ」は今までと違う録り方をしたそうで。

金澤 普段のレコーディングではパートごとに録ることが多いんですけど、この曲はソロバージョンも作っているので1曲丸々歌っています。この曲はストーリー性があって1曲の中でテンションが変化していて、歌詞の主人公の気持ちや流れを意識しながらレコーディングするというのは今までになかったので面白かったですね。



―瑠々さんはどうですか?

段原 私は「ほとんど歌わなくていいから、しゃべる感じで、息だけ出してるぐらいの感覚で歌ってみて」と言われたので、感情を込めるというよりは帰り道に下を向いて落ち込みながら口ずさんでる感じで歌ったんですけど、「これがCDになるのか。大丈夫かな?」と思っていて。でも、自分なりのイメージに従って歌ったバージョンとディレクターさんに言われて歌ったバージョンを聴き比べたら、しゃべるように歌うほうがこの曲には合ってると思えたし、歌いすぎなくてもいいという新しい歌い方を見つけられました。

―落ちサビが特によかったです。

金澤 (拍手をしながら)最高。

段原 うふふ。ありがとうございます。

―れいれいさんはどうでしたか?

井上 私はしっとりめに歌うほうが自分の声に合っていて、女の子がちょっと落ち込んでいる様子を歌う最初の場面では、「そんな感じそんな感じ」とディレクターさんも言ってくださったんですけど、徐々に気持ちが上がっていく場面は急に上げてもダメだし、緩やかすぎて上がりきらないのもダメで。声の大きさだけじゃなく、テンションを上げつつ音程も外さないで気持ちの高ぶりを表現するのが難しかったです。

―全員の声が揃ったものを聴いてみていかがでしたか?

段原 みんな違う声なんですけど、ユニゾンになるとキレイに合わさっていて。ディレクターさんが声の相性を考えて決めてくださったと思うんですけど、サビまでソロが続いて、そこからバッと開ける感じになるところがとても素敵だと思うし、私はJuice=Juiceのユニゾンが大好きなので、さらに進化していけたらいいなあと思います。


左から段原瑠々、金澤朋子、井上玲音(Photo by Rika Tomomatsu)

―今回はJuice=Juiceの歌唱面についてじっくり話を聞けたらと思っています。そこで、音源やライブにおけるメンバーそれぞれのボーカルについて、みなさんに解説していただけたらと。

金澤 解説! 面白い。

―メンバーそれぞれの声の判別がつくファンは多いと思うんですが、その特徴をメンバー自ら言語化していただくことで新しい発見があるのかなと。

段原 たしかに!

金澤 表現できるかな?

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE