Juice=Juiceが語る、実力派と言われる「歌」をメンバー目線で徹底解説

Juice=Juice:左から段原瑠々、金澤朋子、井上玲音(Photo by Rika Tomomatsu)



松永里愛と工藤由愛の「歌」

―では、松永里愛さんからいってみましょう。

段原 里愛ちゃんは柔らかい声なんですけど、急に高い音域になっても鋭い声が出せるのでガツンと聞かせるパートでも目立つし、柔らかい歌でもふわっと馴染みます。誰とユニゾンを歌っても相性がよくて、それはたぶん里愛ちゃんが相手に合わせているからだと思うんですけど、メンバーそれぞれの歌い方を里愛ちゃんがわかっていて、「この人とだったらこういう歌い方が馴染む」と判断して寄せてくれている感じがして、それがすごいと思います。

金澤 本当にそのとおりで、すごく協調性のある歌声というか、誰とでも歌いやすくて、いい意味でクセのない声なのでスッと入ってくるし、ユニゾンで目立つということではないんですけどすごく支えになっていて、Juice=Juiceに欠かせない声質だと思います。

―工藤由愛さんもそうですけど、最近グッと成長している印象があります。

金澤 そうですね。メンバーの変化があって歌割りが変わっていく中で「もっと歌割りをもらってやろう!」というメラメラ感が伝わってきて、すごく面白い後輩たちだなと思います。

段原 確かに。

金澤 今まであまりそういうメンバーがいなくて、「任されたのでやります」というタイプの子が多かったんですけど(笑)、「いや、私がやります!」という気合が伝わってくるのは里愛ちゃんのよさだと思います。

―では、由愛さんのボーカルはいかがですか?

井上 由愛ちゃんは人柄がそのまま声に出ていると思うし、私的には自分の声と由愛ちゃんの声がけっこう真反対だと思っていて。

段原 うんうん、確かに。

井上 由愛ちゃんは明るくてかわいい系の声なので、ないものねだりなんですけど、こういう声で歌ってみたいと思うことがたくさんあるし、高音がスンッと入ってくる感じが「若いのにすごいな」って思います(笑)。

金澤 若いのに(笑)。若いから、なのかもしれないけどね!

井上 あと、ライブの後半は高い音を出すのが苦しくなってくるはずなんですけど、由愛ちゃんはいつでも元気な高音を出していて、いい声してるなと思います。

―Juice=Juiceにおける声の相性のよさというのはどういうものなんですか?

段原 トーンの高さ。同じ音でも低めにいく人と高めにいく人がいて。あとは、息の多さとか。

金澤 声色が高いか低いかで変わってくるところはありますね。あとは、鋭い声で歌う子と柔らかく息たっぷりめで歌う子がいて、そういう傾向が近ければ近いほど歌いやすいとは思うんですけど、同じように聞こえてもつまらないときもあるし、真反対のふたりが歌うからこそいいときもあるので、曲によっていろんなバランスがあります。

―この曲、このパートだからこその組み合わせがある。

段原 絶対あると思います。

金澤 声のマイク乗りもメンバーによって全然違って、由愛ちゃんはすごくマイクに声が乗るので響きもいいんです。それとは反対に、息が多めなのでマイクにははっきり乗らないけど包み込んでくれるような歌声の子もいます。

―マイクに対してちゃんとオンでいるから声が乗るというわけではないんですね。

金澤 それだけじゃなくて、歌い方もあるんです。私も初期の頃はマイク乗りがとにかく悪くて、息多めで歌っていたんですけど、今は息少なめで尖らせて歌うように変えたりしています。もともとの声の特性を自分で変化させる子がいたり、そのまま貫く子がいたり、いろいろですね。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE