Juice=Juiceが語る、実力派と言われる「歌」をメンバー目線で徹底解説

Juice=Juice:左から段原瑠々、金澤朋子、井上玲音(Photo by Rika Tomomatsu)



金澤朋子の「歌」

―ちなみに、瑠々さんとれいれいさんのユニゾンはどういう感じになるんですか?

段原 れいれいはいろんな歌い方ができるんですけど、「井上玲音がJuice=Juiceの歌を…」というYouTubeの企画で初めて一緒に歌ったときに「息が多めで合う」と思いました。あと、私は音が高めに当たるほうなんですけどれいれいは低めで、それがいい感じに合わさるなと。

―ちょっと話がズレましたが、引き続き植村さんの歌解説をお願いします。

井上 植村さんのロングトーンは喉を開いた歌い方で、すごく響きがいいなと一緒に歌いながらいつも思います。

段原 植村さんはミックスボイスで歌うときと地声で歌うときでけっこう声が違っていて、「がんばれないよ」はわりとミックスボイスみたいな柔らかい声で歌っているんですけど、「DOWN TOWN」みたいにカッコいい曲を歌う時は芯が強くて細めな声を出すので、その違いが面白いですね。

―では、最後です。かなともさんについてお願いします。

段原 金澤さんの声は唯一無二でそれが本当に素敵だと思いますし、「Juice=Juiceの声」だと思いますね。

―僕もJuice=Juiceの歌唱面における「柱」は瑠々さんで、「顔」になるのはかなともさんだと思います。

金澤 うれしいです、恐縮です(笑)。

段原 どこにもいない声ですし、金澤さんのパートは金澤さんにしか歌えないと思います。

井上 一緒に歌っていて安心感がありますし、ライブでも音を外すことがなくて。

段原 ないっ!

金澤 ありますあります、全然あります(笑)

段原 全然ない!

井上 本当になくて、リハーサルで「今日はちょっと音が聞こえづらいな」というときでも金澤さんの声が聞こえると「あ、ここだ!」って、道しるべみたいになるんですよ。

段原 声、探すよね! 「いたいたいた!」って。


金澤朋子(Photo by Rika Tomomatsu)

―ということですが、かなともさん。

金澤 いや~、私は早取りのクセがあって、それが自分のダメなところだと思っていて。Juice=Juiceだとうえむー(植村)はけっこうゆっくり音を取るので、私はうえむーの声を探して修正していますね。そういうことができるのは自分にないものを持っている人たちがいるグループだからこそだなっていつも感謝してます。

―イヤモニを使うときはどの音を意識してモニターに返していますか?

金澤 基本的に私はベースの音を頼りにしています。シャカシャカしている上の音のほうがリズムを取りやすいのでついそっちに集中してしまいがちなんですけど、ピッチを合わせるときはベースを目安にしてます。曲の軸になっているのはベースだと私は思っていて、その音を頼りにするとズレずに自分を修正できるのでオススメですね(笑)。

―おふたりはどうですか?

井上 私はハイハットをよく聴いています。バスドラムとかスネアでアクセントを取って、チッチッチッチッとずっと鳴っているハイハットでビートを聴いて定着させるんですけど、本当に聴きたいなと思っているのはベースです(笑)。
段原 理想はね(笑)。

―なかなか難しいものなんですか?

井上 ハイハットが自然と入ってきちゃう耳になっております。どっちも聴けるようになりたいと思っているんですけど、自分のクセ的にハイハットが聞こえてしまって。でも、ベースを意識するようにしたらどっちも聞けるようになるんじゃないかなと思います。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE