「BATTLE OF TOKYO」白濱亜嵐・浦川翔平・中島颯太・深堀未来 独占インタビュー

Rolling Stone Japan vol.07 掲載(Photo = Tim Gallo)


「Dead or Alive」は一番バトル感が強い楽曲

ーたった1曲であれほど盛り上がるのだから、幕張メッセでのライブがどれほどの熱狂に包まれるのか、想像もつきませんね。THE RAMPAGE vs BALLISTIK BOYZの「Dead or Alive」はどうでしょうか? 攻撃的なエレキギターのサウンドを効かせた重厚なビートが特徴的で、ラップパートもかなり多いです。

深堀:「Dead or Alive」は今回の6曲の中で、一番バトル感の強い楽曲に仕上がっていると思います。THE RAMPAGEとBALLISTIK BOYZという、お互いにヒップホップ感の強いグループだからこそできた楽曲で、重いグルーヴ感のあるハードな作品になりました。MVにもストーリー性があって、本当にバチバチぶつかっています。実際、撮影でも掴み合ったり、吹っ飛ばし合ったり、かなり本気でやりました。僕らは終始、ビビっていましたけれど(笑)。

浦川: THE RAMPAGEは人数が多いから、威圧はしやすいんです。MVでは、お互いのアジトをめちゃくちゃに破壊しあって、両グループが裁判にかけられるというストーリーが展開されていて、最後には全員でバトルをするようなイメージです。THE RAMPAGEとBALLISTIK BOYZは音楽的にもパフォーマンス的にも属性が似ていて、ラストの大サビをご覧いただくとわかると思うんですけれど、両グループの勢いが合わさってすごい迫力になっています。似ているからこそ、一緒にやることでそれぞれの特徴が明確になっているのもポイントですね。

ーラップの掛け合いも聴きどころになっていますね。

浦川:そうですね。ウチには(川村)壱馬さんがいるし、BALLISTIK BOYZにも3人ラップできるメンバーがいますから。お互いに自分たちらしさを出せている楽曲だと思います。先ほどの「SHOOT IT OUT」や、FANTASTICSと一緒にやった「MIX IT UP」は、THE RAMPAGEとしては初めてのタイプの楽曲でしたが、「Dead or Alive」はすごく“らしい”楽曲ですね。

ーMV撮影時のエピソードも教えてください。

浦川: BALLISTIK BOYZには(松井)利樹というメンバーがいるのですが、彼はチワワ並みのビビりで、撮影中なのにもかかわらず取っ組み合いをすると「すみません!」って言っちゃうんですよ。僕らも「利樹! ちゃんと掴みかかってこい!」って怒ったりして(笑)。

白濱: 利樹はめちゃくちゃ可愛いんですよ。俺、利樹をお家で飼いたいくらい(笑)。

浦川: その取っ組み合いのシーンは30~40分くらいかけて、かなり気合い入れて撮ったにも関わらず、結局のところ使われたのはほんの少しだったんですよね(笑)。せっかくバチバチにぶつかったんだから、メイキングとかで映像を出して欲しいくらい。きっと、かなり見応えがありますよ。



深堀: 後輩の僕たちからしたら、本当に怒られているかと思うくらいの迫力でした。

浦川: それで怒ってたら相当に小さい先輩だよ(笑)。でも、あのシーンが使われたのはほんの少しではあるけれど、その分、ピリッとスパイスが効いた感じで、リアルにバトル感のある絵に仕上がっていると思います。みんなで頑張った甲斐がありました。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE