「BATTLE OF TOKYO」白濱亜嵐・浦川翔平・中島颯太・深堀未来 独占インタビュー

Rolling Stone Japan vol.07 掲載(Photo = Tim Gallo)


ー亜嵐さんのDJは、マッシュアップなどを多用しているのが面白いと思っていて、しかもEXILE TRIBEの楽曲の中にヒップホップ好きがニヤリとするようなネタをさりげなく仕込んでくるのが心憎いですよね。

白濱:そんな風に聴いていただいてうれしいです。僕は好きな音楽のジャンルがめちゃくちゃ幅広いので、それをどう自分のプレイの中に落とし込んでいくのかを考えるのが好きなんです。メジャーシーンにいるアーティストがこういう曲をかけるんだ、という驚きは常に提供していきたいですね。宮崎県で「LDH LAND」という野外フェスを開催した時にもDJをしたんですが、その時は最初から最後まで自分の音楽の好みでDJをしました。僕のDJをきっかけにして、ファンの方がいろんな音楽に興味を持ってくれたらうれしいですし、そういう形で僕も音楽に貢献できればと考えています。

中島「世界さんはダンス以外でもクリエイティブ」

ーJr.EXILE世代はダンスやボーカルだけではなく、ラップやDJなどにもかなり積極的で、EXILE TRIBE全体でカルチャー色がどんどん濃くなっている印象を受けます。

白濱: もともとHIROさんたちもストリートからキャリアを始めた方々ですが、表舞台で行う表現としては、下の世代に行けば行くほど、カルチャー色が強くなっていると思います。例えばFANTASTICSであれば、世界さんはもともとダンスシーンでもすごく有名なダンサーで、メジャーシーンではもちろん抜群に上手いけれど、ダンスの大会などに出ても相当なレベルだと思います。メジャーとアンダーグラウンド、どちらでも活動できるメンバーが多くなってきたというか。

浦川: 世界さんのダンスはEXILE TRIBE内のパーティーでも人気で、メンバーもみんな注目していますよね。あんなに見慣れないダンスはないというか、いつ見ても斬新で、ものすごくハイレベル。僕らからも歓声が湧きますから。

ー中島さんは同じグループのリーダーとして、世界さんをどう見ていますか?

中島: ダンスのセンスは、やっぱりずば抜けています。サワナツくん(澤本夏輝)もかなりスタイリッシュなダンサーなので、二人のスタイルが混ざることでFANTASTICSのダンスになってきている印象ですね。世界さんはダンス以外でもすごくクリエイティブな人で、まだ具体的な形にはなっていないのですが、いろんな構想を練っているので、それをみなさんにお届けできる日が楽しみです。

深堀「同じステージに立つからには強気で」

ーみなさんのお話を聞いて、『BATTLE OF TOKYO』がますます楽しみになってきました。最後に改めて、『BATTLE OF TOKYO』の見どころを教えてください。

深堀: 本当に、4グループそれぞれの個性が存分に表れるライブになると思いますし、コラボバトルの楽曲にはすべて異なる見どころ、聴きどころがあるので、絶対に面白いと思います。4グループの勢いが合わさるとどれだけすごいのか、ぜひ会場に確かめにきて欲しいです。それと、僕らBALLISTIK BOYZは一番後輩ですけれど、先輩方と同じステージに立つからには一歩も引かず、強気でやっていくので、そこもぜひ楽しみにしてほしいです。

中島:4日間に渡ってお届けする「BATTLE OF TOKYO ~ENTER THE Jr.EXILE~」は、ライブだけではなく、次世代の新しいエンタテインメントの幕開けになると思うので、そのスタートの瞬間をぜひ見逃さないようにしていただきたいです。最高のパフォーマンスをお届けするのはもちろん、これから先の展開も楽しみにしてもらえるような、そんなライブにしていきたいです。

浦川:「ENTER THE Jr.EXILE」という副題の通り、今回のライブはJr.EXILE世代による初めてのプロジェクトの入り口です。ファーストインパクトが大事なので、僕らも全力で挑みますし、ライブでのコラボバトルはMVとも連動しているので、ファンのみなさんはぜひ予習してから来てください。MVや音源と合わせて鑑賞することで、さらに『BATTLE OF TOKYO』の世界にどっぷり浸かれると思います。

白濱:Jr.EXILE世代が全員揃ったところを見ることができるのは、この『BATTLE OF TOKYO』だけですし、コラボバトルによってそれぞれのグループの魅力が深く理解できる、今までに体験したことのないようなエンタテインメントに仕上がっているはずです。少しでも興味を抱いた方は、ぜひ会場に足を運んでみてほしいですし、普段応援してくださっているグループ以外にも目を向けて、新しい発見もしていただけたら、僕らとしては最高にうれしいです。これからJr.EXILE世代でどんどん皆さんを盛り上げていくので、楽しみにしていてください。






『BATTLE OF TOKYO ~ENTER THE Jr.EXILE~』

GENERATIONS, THE RAMPAGE, FANTASTICS, BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE
rhythm zone 発売中

【CD+DVD+PHOTO BOOK】RZCD-86859/B / ¥6,667(本体価格)+税 
【CD+Blu-ray】RZCD-86862/B / ¥5,278(本体価格)+税
【CD ONLY】RZCD-86863 / ¥1,852(本体価格)+税

CD 収録予定内容
M1. SHOOT IT OUT / GENERATIONS from EXILE TRIBE vs THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
M2. Dead or Alive / THE RAMPAGE from EXILE TRIBE vs BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE
M3. Supersonic / GENERATIONS from EXILE TRIBE vs FANTASTICS from EXILE TRIBE
M4. SHOCK THE WORLD / FANTASTICS from EXILE TRIBE vs BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE
M5. MIX IT UP / THE RAMPAGE from EXILE TRIBE vs FANTASTICS from EXILE TRIBE
M6. BREAK DOWN YA WALLS / GENERATIONS from EXILE TRIBE vs BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE M7. 24WORLD / GENERATIONS from EXILE TRIBE, THE RAMPAGE from EXILE TRIBE,
FANTASTICS from EXILE TRIBE, BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE

DVD & Blu-ray収録予定内容
M1. SHOOT IT OUT / GENERATIONS from EXILE TRIBE vs THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
M2. Dead or Alive / THE RAMPAGE from EXILE TRIBE vs BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE
M3. Supersonic / GENERATIONS from EXILE TRIBE vs FANTASTICS from EXILE TRIBE
M4. SHOCK THE WORLD / FANTASTICS from EXILE TRIBE vs BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE
M5. MIX IT UP / THE RAMPAGE from EXILE TRIBE vs FANTASTICS from EXILE TRIBE
M6. BREAK DOWN YA WALLS / GENERATIONS from EXILE TRIBE vs BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE

Special LIVE MOVIE ※初回生産限定盤のみ収録
SHOOT IT OUT / GENERATIONS from EXILE TRIBE vs THE RAMPAGE from EXILE TRIBE (THE RAMPAGE LIVE TOUR 2019 ”THROW YA FIST”@ Saitama Super Arena)

【GENERATIONS】
3ヶ月連続リリース第3弾!
New Single「EXPerience Greatness」
9/25(水)release


GENERATIONS LIVE TOUR 2019”少年クロニクル”5大ドームツアー開催中

【THE RAMPAGE】
・9th Single
「SWAG&PRIDE」
10/2(水)release

・2nd Album
10/30(水)release


映画 『HiGH&LOW THE WORST
10/4(金)全国ロードショー


【FANTASTICS】

全国ツアー「FANTASTICS SOUND DRAMA 2019 FANTASTIC NINE」開催決定


【BALLISTIK BOYZ】
1st Single「44RAIDERS」
10/23(水)Release



Rolling Stone Japan vol.07 
Photo = Tim Gallo
Styling = Keisuke Yoshida, Takuto Nakase
Hair and Make-up = Takeshi Teramoto(JYUNESU), Ayako Ueno(KIND), Ak(i KIND), Toshiyasu Ok(i BON)

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE