「BATTLE OF TOKYO」白濱亜嵐・浦川翔平・中島颯太・深堀未来 独占インタビュー

Rolling Stone Japan vol.07 掲載(Photo = Tim Gallo)


ーこうして『BATTLE OF TOKYO ~ENTER THE Jr.EXILE~』を聴いてみると、各グループがちゃんと好対照になっていて、改めてJr.EXILE世代は4グループの魅力を一緒に味わった方が、より奥深い魅力を感じることができるのだと気付かされます。

白濱:本当にそうだと思います。でも、一番最初に全グループの組み合わせで楽曲を作ると言われたときは、「これはめちゃくちゃ大変だぞ!」って、みんながビビっていました(笑)。MVの撮影がどれくらい大変なのか、全員よく知っているし、しかも各グループが一気に3曲分のパフォーマンスを覚えなければいけないわけですから。

浦川:その上、かなりの短期間で覚えなければいけなかったんです。みんな振り覚えが早いですけれど、それでも大変でした。

白濱:GENERATIONSとBALLISTIK BOYZのリハーサルが一番早くて、2月末くらいにスタートしたんですけれど、おかげであまりお正月気分が味わえませんでした(笑)。各グループがそれぞれにずっと準備をしてきて、これからいよいよ全員でのリハーサルも始まるところです。すごくワクワクしていますが、この人数で男ばかりが集まると考えると、かなりすごい光景になるのかなと。楽屋とか、蒸し風呂状態になりそう(笑)。

浦川:めちゃくちゃ男臭くなりそうですね。こんなに男だらけのライブはきっとほかにないですから、ぜひ観に来て欲しいです。

ーそれは楽しみです(笑)。今回、コラボバトルをする中で、他のグループで脅威に感じたメンバーはいましたか?

中島:僕はBALLISTIK BOYZの(砂田)将宏が脅威でした。Jr.EXILE世代では、僕にとって数少ない年下のメンバー(19歳)なんですけれど、彼はニューヨーク留学経験者で、圧倒的に場慣れしているというか、表情の作り方やMVでの撮られ方がすごく上手いんです。僕も負けていられないなと、身が引き締まりました。

深堀:僕はメンバーで特定の誰かというより、ほかのグループすべてが脅威的だと思ってしまいました。やはり僕らは一番後輩のグループなので、頑張って皆さんに追いついていかなくてはいけないなと。なかでも、THE RAMPAGEは、意識せずにはいられませんでした。MVの撮影では演技シーンが多くて、車をバットでボコボコにしたりとか、お互いの陣地を壊す描写があったんですけれど、THE RAMPAGEさんは思い切りが良くて、そういう部分も刺激を受けました。アーティストは歌やラップやダンスだけではなく、あらゆる表現が求められるのだということを、改めて教えていただきました。

浦川:僕はFANTASTICSの(瀬口)黎弥くんが脅威というか、ヤバい奴だなと感じています。

白濱:それ、性格がでしょ(笑)。

浦川:性格もダンスもヤバいです(笑)。僕はバトルダンサーでもあって、結構、頭のネジが飛んだ感じの変テコなダンスで相手をやっつけるタイプなんですけれど、黎弥くんには近しいものを感じていて。全く型にハマっていないというか、もう“黎弥”というジャンルがあると言っても過言ではないほど、独自のスタイルを持っているんです。映像を観ていただければ一発でわかると思うんですけれど、「よく本番でそんな動きをしようと思ったな!」と感心するほど、ぶっ飛んだダンスをするんですよ。

白濱:黎弥はソロダンスでも、「これ、完全に笑わせにきてるでしょ?」と思うことがあるよね(笑)。コンテンポラリーダンサーに近いニュアンスがあるというか。僕なら、頭の中に一瞬、そういう動きがよぎったとしても「やっぱりやめておこう」となるんですが、黎弥にはそういうリミッターが一切ない。

浦川:まさに強心臓ですよね。周りの人にどう思われるとか、まったく気にしていないというか、完全に振り切っている。あの突き抜け方に脅威を感じないパフォーマーはいないんじゃないでしょうか。

ー黎弥さんのダンス、今後は注目してみます(笑)。亜嵐さんは、脅威に感じたメンバーはいましたか?

白濱:個人で誰というより、後輩は全員が本当に脅威的ですね。まず、THE RAMPAGEがデビューした時に僕らはビビらされました。デビュー作の「Lightning」の時点で、いきなりみんな自分の見せ方がわかっているし、オシャレだし、ものすごくかっこいいMVに仕上がっていましたから。

ー自分たちのデビュー時と比べると、レベルが上がっていると感じますか?

白濱:そうですね。GENERATIONSのデビュー作「BRAVE IT OUT」のMVなんて、いま観ると笑っちゃうくらい成長途中という感じだったのに、THE RAMPAGE以降は最初から完成度が高すぎて、「君たちはいったいどうなっているの?」という感じです(笑)。FANTASTICSの「OVER DRIVE」もめちゃくちゃ洗練されていてかっこいいし、BALLISTIK BOYZなんて全員でアクロバットするんですよ? こんな後輩が出てきちゃって、もう僕らはどうすれば良いのか(笑)。一度、みなさんには僕らのデビュー作と並べて見てほしいくらいです。本当にデビューした瞬間から、みんなすごいスキルなので、僕らもうかうかしていられません。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE