アルファレコードが求めた精神の自由 村井邦彦と共に振り返る

村井邦彦


今月2021年4月はアルファミュージック特集。お聞きいただいているALFA MUSIC LIVEは、村井さんが70歳を迎えた2015年に行われたライブで、アルファゆかりのミュージシャンが大集結。夢の一夜を繰り広げました。タイトルの「WE BELIEVE IN MUSIC」は、アルファが設立された時のスローガン。今年の3月にこのライブの映像作品が発売されました。今月はそのライブ音源を使いながら、アルファレコードの功績を振り返っていこうという1ヶ月であります。

先週と今週は、アルファミュージックの創立者、作曲者、ピアニスト、現在はロサンゼルス在住の村井邦彦さんにリモートで話を伺えることになりました。アルファミュージックの理想とはなんだったのか? まずは今回の映像作品『ALFA MUSIC LIVE』のDisc2から雪村いづみさんの「東京ブギウギ」をお聞きください。作詞は、J-POPの父こと服部良一さん。焼け野原だった東京のJR中央線のレールを刻む電車の音がブギの8ビートに聞こえたというところから生まれた曲です。

東京ブギウギ / 雪村いづみ

バックバンドはキャラメル・ママ時代のティン・パン・アレーでピアノは松任谷正隆さん、そして武部聡志さんがサポートで加わっています。雪村いづみさんは1937年生まれ。美空ひばりさん、江利チエミさんと並ぶ元祖三人娘。このライブの時は78歳、元気でしたね。客席で感動しました。ジャズシンガーですが、アメリカンポップスの日本語カバーでヒットした最初の人です。「青いカナリア」という曲がありましたね。映画『シェーン』の主題歌「遥かなる山の呼び声」とか雪村さんの日本語バージョンで覚えました。先週と今週は村井邦彦さんにリモートで話を伺っております。J-POPの父・服部さんや雪村さんについてこんな話をされていました。

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE