OWlが語る野望「メロディックパンクを楽しみながら世の中に広めたい」

OWL(Photo by稲垣ルリコ)



ー10月16日からは東名阪を巡るツアー「OWl KICKASS Tour’21」を開催します。どんなツアーにしたいと考えていますか。

リコ:たいよーくんが入って1年になるので、1年間の集大成として、以前のOWlとは違う部分を見せられるライブを全力でやりたいです。

KABUKUN:初めてのツアーだからってハードルを下げたくないですね。プロ並みのクオリティでやりたいです。

たいよー:対バン相手に負けたくないですね。OWlのツアーで自分たちがトリで演奏する中、前のバンドの方がよかったというふうには絶対にしたくないです。

ー世の中の状況がどうなっていくかは想像つきませんが、OWlをどんなバンドにしていきたいですか?

リコ:ずっと自分たちで「かっこいい」と言えるバンドでいたいなと思っています。もともとは辞めようと思っていたバンドだけど、今は楽しくてやっているので、それをずっとずっと継続できたらなと。前に3人で話したのは自分たちでフェスを開けるようなバンドになろうという目標は明確にあります。

KABUKUN:軽音楽部時代、パンクって幅が狭いところで盛り上がっている感じがしていたんです。僕もパンクロック、メロディックパンクというジャンルをあまり知らなかった。だから、自分たちが1番にジャンルを広められるバンドになりたいんです。リコちゃんが言っていたみたいにそれこそ自分たちでフェスをやったり、他のパンクバンドがやったことがないことにも挑戦していきたいです。

たいよー:自分はとにかく楽しんでバンドを続けたいというのが1番にあります。高校の時はバンドをやっているのがつらい時期も結構あったので。フェスを自分たちでやった時に、憧れのバンドを呼べるようになりたいですね。



<リリース情報>



OWL
アルバム『KICKASS』

発売日:2021 年10 ⽉13 ⽇(⽔)
配信リンク:https://linkcloud.mu/06059a02
※初全国流通リリース
価格:2530円 (税込)
品番:REBI-0001
=収録曲=
1. Free
2. Remember
3. Morning ※リード曲
4. ONE
5. Shooting
6. Age
7. Breeze
8. Survive
9. Dazzling

<ライブ情報>

「OWl KICKASS Tourʼ21」

2021年10月16日(⼟)⼤阪2nd LINE
時間:OPEN 16:30 / START 17:00
共演:FROM ME. / Northrop / Nifa
料金:前売 2400円 / 当日2900円  ※別途ドリンク代(600円)
チケット:https://eplus.jp/sf/detail/3479020001-P0030001
2021年10月17日(⽇)名古屋R.A.D
時間:OPEN 17:00 / START 17:30
共演:Northrop / Alstroemeria / TEAR / Stellarleap
料金:前売 2400円 / 当日2900円  ※別途ドリンク代(600円)
チケット:https://eplus.jp/sf/detail/3480520001-P0030001
2021年11月3日(⽔・祝)東京・新宿LOFT
時間:OPEN 15:30 / START 16:00
共演:ONIONRING / WATER / carabina / JasonAndrew
料金:前売 2400円 / 当日2900円  ※別途ドリンク代(600円)
チケット:https://t.livepocket.jp/e/jw3z7
配信チケット料金:1500円
※ONIONRINGの配信はバンドの都合上、配信がございません了承ください。
配信でご視聴の皆様は休憩時間になります。
配信チケット:https://twitcasting.tv/c:eggs_twitcasting/shopcart/95472

OWL オフィシャルサイト:https://fukurouband.ryzm.jp/


Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE