Panorama Panama Townが語る、音数に頼らないシンプルな楽曲への探究心

Panorama Panama Town

Panorama Panama Townの新曲「Strange Days」が、2021年7月17日よりFODで配信されるドラマ『ギヴン』の主題歌に決定。7月16日から楽曲の配信がスタートした。

「Strange Days」はドラマ『ギヴン』のためにPanorama Panama Townが書き下ろした楽曲。前作EP『Rolling』に続き、プロデューサーに石毛輝(the telephones, Yap!!!)を迎えた。ドラマ『ギヴン』は4人のロックバンドのメンバーたちを中心に、彼らの恋愛や成長していく姿を繊細に描いた作品で、主人公たちがドラマ内で演奏する曲もPanorama Panama Townが担当。メンバーのカメオ出演も決定しており、Panorama Panama Townとしても「Strange Days」は新境地を拓いた楽曲となった。

関連記事:Panorama Panama Townが語る、新体制での試行錯誤と最新作

今回は楽曲「Strange Days」への想いはもちろん、最近の制作方法、バンドとしてどのような音を鳴らしていきたいかまで語ってもらった。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE