OWlが語る野望「メロディックパンクを楽しみながら世の中に広めたい」

OWL(Photo by稲垣ルリコ)



ーあははは。たいよーさんは高校時代からOWlのことは知っていたんでしょうか?

たいよー:違うバンドで一緒のライブに出たり、企画ライブに呼んでもらっていたので、知っていました。同い歳でかっこいいことをしてる人たちがいるなと。OWlは高2の最初の頃からずっと2ビートを叩いていて、ちょっとうらやましいなと思いながら観ていたんです。

ーうらやましい?

たいよー:自分が高校の時にやっていたバンドは、全員がメロコアが好きなわけじゃなかったので、全部英語のメロコアをやっているOWlが羨ましいなと思っていたんです。

ー最初にリコさんが持ってきた参考音源の中からOWlの音楽性が定まっていたそうですけど、リコさんは当初からやりたい音楽があったんでしょうか。

リコ:高校に入りたての時は、SiMみたいな重めの音楽をやりたいと思っていたんです。3人でバンドを組むってなった時にDizzy Sunfistの曲をみんなに持っていったら、全員一致で「かっこいいじゃん」ってなって方向性が決まっていきました。


リコ(photo by SHUNTA)

ーそんな3人の音楽ルーツを聞いていきたいと思うんですけど、リコさんはどんな音楽を聴いてきたんでしょう。

リコ:中学の頃にメロディックパンクやメロコアにハマってからバンドの音楽をよく聴くようになりました。最初に聴いたのがWANIMAだったんですけど、そこからSHANKやSiMも聴くようになって。最初に聴いた時は特に刺さらなかったんですけど、何回も聴いていくうちにかっこいいかもと思って。ライブを観に行ったら、かっこよくて気持ちが変わりました。

ー自分でギターを始めたきっかけは?

リコ:もともと父がギター、兄がベースをやっていたので、家に楽器があったんです。最初はギターをやりたいと思って触っていたんですけど、難しくて。ベースを触ってみたらベースの方が弾けて、楽しいかもと思って。そこからベースをやりたいなと思って軽音部に入りました。

ーKABUKUNさんは、どんな音楽ルーツをお持ちでしょう?

KABUKUN:小さい頃から親の影響で、マイケル・ジャクソンや海外のバンドをよく聴いていました。自分で好んで音楽を聴くようになった時は、J-POP、特にBUMP OF CHICKENとかKANA-BOONがすごく好きで。OWlを組む時に「どういうジャンルでいこうか」と話し合って。リコちゃんから「こういう音楽があるんだよ」と教えてもらって初めてパンクに出会いました。今はずっとパンク系統の曲を聴いていますね。

ーOWlを組むにあたってメロディックパンクにのめり込んでいった、と。

KABUKUN:パンクのドラムは激しいから、「俺、これライブでやったら、めちゃめちゃモテるわ」と思ったんです。最初はモテたいという気持ちでしたね(笑)。


KBUKUN(photo by SHUNTA)

ーあははは。ちなみにドラムを始めたきっかけは?

KABUKUN:幼稚園の頃、母に初めて基本的なビートを教えてもらったんです。ドラムセットはなかったけど、スティックは母が持っていたのでそれを借りて、枕を叩くみたいな感じで。その頃からモテたい気持ちがあったので、小学校の合奏会でも積極的にドラムをやって。中学2年生ぐらいの時にバンドを作って、年に一度の餅つき大会とかでライブをやっていました。

ー続けて、たいよーさんの音楽ルーツはいかがでしょう。

たいよー:物心がつく前から、親の影響でGREEN DAY、ゼブラヘッドとか、海外のパンクバンドがすごく好きで。その時はただ好きで聴いているだけだったんですけど、中学校の時にラウド系の重ためのロックを聴くようになって、バンドをやりたいと初めて思ったんです。ギターに関しては、父がずっと弾いていたので、中3ぐらいの時に家にあったギターで好きなバンドの曲が弾けたらいいなと思って始めました。

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE