追悼ルーク・ペリー『ビバリーヒルズ高校白書』92年の出演者インタビューを回想

『ビバリーヒルズ高校/青春白書』に出演したイアン・ジーリング、トリ・スペリング、ブライアン・オースティン・グリーン、ガブリエル・カーテリス、ジェイソン・プリーストリー、シャナン・ドハーティー、ルーク・ペリー 『ビバリーヒルズ高校/青春白書』1990 – 2000年、スペリング・テレビジョン(Spelling/Kobal/REX/Shutterstock)


1991年の夏以来、グリーンや他の出演者の特集を組んでいないティーン向けの雑誌を見つけるのはかなり難しくなっている。表紙には必ずと言っていいほど、笑顔や悩める表情を浮かべたペリーとプリーストリーの写真と「ジェイソンが秘密の恋愛事情を告白!」(ペリーとプリーストリーはバンド、ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック以降のティーン産業を不況から救ったと評価されることが多々ある)のような見出しが踊っていた。プリーストリーとペリーの日常生活はすべてさらされたが、とうにティーンを越えた女性たち——リンダ・ハミルトン、ジェーン・パウリー、ステファニー・ビーチャムなど——のあいだでのペリー人気はうまい具合に控えめに報じられた。ビバヒルのあるエピソードでディランのぶっ飛んだ母親を演じたビーチャムはペリーを気に入っていたようだ「1週間ずっとエディプスコンプレックスと戦い続けなければいけなかった」とペリーは言った。

ペリーとプリーストリーの年齢は?(両者とも「20代半ば」と答えたそうだ、実際にはペリーは20代の終わりに近かったが)最初にクールなもみあげを披露したのはどっち?(「もみあげがあんなに話題になるなんて、本当にバカげてる」とペリーは言った。「俺が先に決まってるじゃないか」)ペリーとプリーストリーとの間にライバル関係はあるのか?(「そんなものはない」とペリーは言った。「俺はアイツと週4か5で顔を合わせてる。アイツにキスでもしたら仲良しだって納得してくれるのか?」)ペリーとプリーストリーは誰と寝てるのか?(「ルークの添い寝相手は間違いなく豚よ」とドハーティーは言った。ここでの豚とは、ペリーがメディアから隠し続けてきたジェリー・リーという名前の中国産のミニブタだ。「ジェリー・リーは俺の毎日にとってヨーダのフォースのようなもんだ」とペリーが言うと、「実際、ルークの家に行くと豚のいいにおいがする。それがけっこう好きなんだ」とプリーストリーも口を揃えた)このように、メディアは聖杯のごとく手の届かない情報を求めてきた。

「『俺なんかいなくてもいいのでは?』って思うこともあった」とダーレン・スター氏は言った。「ジェイソンとのシーンを監督してたんだけど、彼はあるセリフか何かを言いたがらなかった。だから言ってやった『ジェイソン、君が何を言おうと関係ないんじゃないかな?』って」

「俺たちはみんな必死に努力してきた」。ペリーは言った。「誰もが俺たちのことを外見しか気にしない女々しい連中だってバカにしてたから」。そう言いながらタバコをもみ消した。「これからのことを考えると、多くの人が俺に対してとてもシニカルな意見を持っているのはわかってる。俺は大スターになろうとは思ってない。でも、俺がすでに大スターであるかのような話し方をされると不安になる」。その不安は理解できる。ビバヒルのキャストは、どの世代も独自のフランキー・アヴァロンを必要としていることも理解している。ハリウッドのどの中華料理店にも知らないスターの写真が飾られていることも。

「今は私生活を大事にしてるの」。ドハーティーは言った。「だって落ち目になって人気を失っても、支えてくれる人が必要だから」

「私たちは地に足をつけていないといけない」。カーテリスは言った。「この作り物の世界に飲みこまれないように。たしかにドラマは今、人気絶頂かもしれない。でも明日終わったとしても私たちは生きていかないといけない」

ダグラス・エマーソンはこんなことに気づいた。「殺されたことに対して誰にも怒っていない、って説明するのはすごく難しい」。エマーソンは言った。「この業界はとめどなく変化するし、今ブレイクしてても、次の瞬間には忘れられるかもしれない」。押し寄せたファンに攻撃されようとも、人気テレビドラマの犠牲者となろうとも、フォーチュンクッキーのようにやがてすべては崩れ去る。

Translated by Shoko Natori

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE