ウッドストックからトゥモローランドまで 悲惨な結末を迎えた音楽フェス5選



Photo : Marcus Ingram/Getty

2015年 トゥモローワールド
ベルギーで毎年行われる世界最大級のEDMフェスのトゥモローランドが、アメリカで別イベントのトゥモローワールドとして行われるようになり、3回目の開催となった2015年。EDMのDJとして超ビッグネームのカスケイドやデヴィッド・ゲッタに加え、元NBAプレーヤーのシャキール・オニールが会場のゲストを務めることになっていたが、連日続いた豪雨によりフェスは困難な状況に陥った。8000エーカー(東京ドーム約700個分)の面積を誇るジョージア州の農場が開催予定地だったが、豪雨の影響で地面は泥のような状態になっていた。2日目までに、主催者側により最寄りのアトランタまでのシャトルサービスに制限がかけられ、会場内でキャンプをする予定がなかった参加者たちはヒッチハイクかウーバーを自分で手配して戻るしかなくなってしまった。3日目に関しては、会場内で前日からキャンプをしていた参加者のみに向け開催されることになったが、それ以外の参加者たちも翌朝になると会場に押し寄せ、閉じたゲートを無理やりこじ開けた。本国ベルギーでは現在も好評を博すフェスだが、このような結果になった2015年以来、トゥモローワールドがアメリカで開催されることはなくなってしまった。

From:5 Festivals That Ended in Disaster

Translated by Kazuhiro Ouchi

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE