ウッドストックからトゥモローランドまで 悲惨な結末を迎えた音楽フェス5選



Photo : Samir Hussein/Getty

2012年 ワイト島音楽祭
2012年の夏、イギリス中に猛威を振るった大嵐があったにも関わらず、55000人もの観客が3日間の野外フェスに押しかけた。トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ、パール・ジャム、ブルース・スプリングスティーンなどが出演する予定だったが、嵐の影響で島内の道路や島へ繋がる交通機関に影響がでていた。デイリー・メイル紙が伝えたところによると、車で会場へ向かおうとした参加者たちは、車の中で居眠りできるほどの渋滞に巻き込まれ、さらに、350台ほどの車が泥にはまり、5マイルほどの渋滞と10時間の遅延を引き起こした。フェリーによって島へ移動しようとした観客も同様、港でのトラブルで長時間身動きが取れなくなっていた。遅れた観客たちが会場へ着くと、テントサイトには大量の泥が溜まっていた。これらの問題にもかかわらず、フェス出演者たちのパフォーマンスは大成功だったようで、ロンドン・テレグラフ紙のジェームズ・ラクノ氏は「極めて混沌とした状況の中ではあったが、今回のフェスは最高な出来だった」と報告した。

Translated by Kazuhiro Ouchi

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE