神宿・一ノ瀬みかが語る、「音楽の理解」を深めた上でのネクストステージ

一ノ瀬みか



考えることを止めたら負ける

―1枚のアルバムの中に前作が丸々入っているという形は斬新ですね。作品の形態自体がメッセージになっていると感じました。これは誰のアイデアだったんですか?

おっしゃるとおり、『THE LIFE OF GIRLS』というアルバムの中に、以前リリースさせていただいたアルバム『THE LIFE OF IDOL』がそのまま入っています。「GIRLS」の中に「IDOL」がある、女の子の人生の中にアイドルの人生があるんだよという思いを込めているんですけど、アイデアの大元は塩見だったと思います。コロナ禍で現実として突きつけられる問題……金銭面だとか集客面がアーティストにも響いていると思うんですけど、アーティストは作品をつくって、その全てをライブで届けるというのが仕事だと思うし、それ以外の要素が入ると雑念が混ざるライブになってしまうと思うんですよ。私はそれはよくないと思うし、私が憧れのアーティストを観る立場だとしたら、すごく嫌だなと。だからこそ向き合う。だからこそ、スタッフのみんなとちゃんと腹を割って、「今はこういう状況です」と話し合う。それがすごく大事だなと思っていて。今回の作品をつくる上で何が大事だったかというと、ファンのみんなにちゃんと自分たちの気持ちを伝え切ることだと思ったんです。ライブに来られない方にも感動してもらうための仕組みをつくらないといけないと思ったんです。私たちの根本にあるのはいつだってファンのみんなだったし、そういう気持ちをぶらさないためにいろいろ話し合った結果、このメッセージを届けたいということになりました。

―ぴあアリーナMM公演以降、自分たちのどんな姿を思い浮かべていますか?

私はさらに忙しくなっていけたら良いなと思います(笑)。2020年から今にかけて、コロナ禍で不安であろうファンのみんなを支えたくて勢力的に活動していた事もあるので、いったんみんなで今までの事を振り返る時間も必要なのかなって思います。

―一ノ瀬さんの思考に影響を与えている存在って誰かいますか?

メンバーでいうと、塩見とめちゃくちゃディスカッションするんですよ。私たち2人はインプットした情報をよく話すんです。活動の参考になるようなYouTubeのMVが公開されたら速攻で観てからLINEで送ったり、私はSpotifyのバイラルチャートに入ってる曲を全部聴いたり、そういうインプットをした上でいろんな話をするんですよ。いま世の中はこういう動きがあるからこういう音楽が出てきてるんだよね、とか。あとは、「ファンはこうしたら喜ぶと思う」「いや、そうは思わない!」みたいな討論をしたり。そういうことをするなかでいろんな考えが浮かんだりします。2人して「とにかく考えることをやめるな!」って。考えることを止めたら負けるので、頑張らないといけないなと思ってます。

―ちゃんと休めているんですか?

おとといはMV撮影が終わって帰ってきたのが6時で、そのあと11時ぐらいから16時まで制作作業して、16時からダンスレッスンがあって、そのあとYouTube配信があって、それが終わってから家に帰って制作作業を夜中1時ぐらいまでやって、また朝7時に起きてレッスンして……みたいな。

―つまり、休めていないってことですね。

でも、まあ、眠れてるんで!(笑)。私は健康オタクなので、睡眠だけはちゃんととってます!


<INFORMATION>


『THE LIFE OF GIRLS』
神宿
発売中
https://kamiyado.jp/release/20210825_THE-LIFE-OF-GIRLS/

神宿 7th Anniversary Live 「WE ARE KAMIYADO」
ぴあアリーナMM
2021年9月26日(日)
Open 16:00 / Start 17:00
https://kamiyado.jp/news/WE_ARE_KAMIYADO/

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE