霜降り明星・粗品が語るボカロ文化への憧れ、芸人離れした本気の音楽表現

粗品(Photo by Mitsuru Nishimura)


アーティストとしての夢と目標

―ミュージックビデオまで出来上がっての感触はどうでしたか?

粗品:何より嬉しかったのは「こんなにこだわらせていただけるんや」というところですね。それまでは妥協して自分でマスタリングしたりもしてたし、こんなに時間をかけて自分の作品を愛したこともなかったので、まず自分の中での達成感はありますね。

―でも、この曲で終わるつもりはないですよね?

粗品:そうですね。今、次の曲も作ってるので、定期的に世の中に出していきたいです。

―最初におっしゃった通り、入り方にしても、作り方にしても、芸人が音楽をやるというよくあるイメージとは全然違いますね。

粗品:そう言っていただけると嬉しいですね。そこ、気にしたんですよ。しょうもないじゃないですか。それは嫌だなと思ってたので良かったです。


Photo by Mitsuru Nishimura

―この先はこんなことをやってみたいというアイディアもありますか?

粗品:いろんな夢はありますね。そのひとつが竹達さんとやるということだったんで、まずひとつ叶ってるんですけど。あとは、オーケストラやりたいですね。僕、指揮者を目指してたので、オリジナルのクラシックを作って指揮を取ってみたいです。それでコンサートをやってみたいですね。

―粗品さんの中でオーケストラが好きだというのと、アニソンとかボカロが好きだというのは、どういうポイントでつながっているんでしょうか?

粗品:ヒャダインさんの例ばっかりで申し訳ないですけど、やっぱりトラック数、楽器の多さですよね。オーケストラって全員いますけど、トロンボーンだけのパート聞いてみると、単純じゃないですか。オーケストラと僕が好きなアニソンの騒がしい感じ、やんちゃな感じはそこが共通している。それでも絶妙に調和が取れてるのがクラシックの凄さであり、ヒャダインさんの凄さでもあると思うので。

―わかりました。では、最後に。粗品というアーティストとして目指していきたいことは?

粗品:まずはこのレーベルを立ち上げるに至るまでにずっと考えてた「プロのミュージシャンの方に失礼のないようにしたい」というのは絶対目標で、プロの音楽家の方にも「粗品って芸人だけど、ちゃんと音楽やってるやん」と思われるように頑張るというのと、あとはコンセプトとして、聞いたことない音楽を作るのはハードル高いけど、見たことない音楽はまだ作れるなと思うので、そっちで僕は頑張りたいと思ってます。あんまり誰も見たことないような楽曲を作っていきたいと思います。




粗品
「乱数調整のリバースシンデレラ feat. 彩宮すう(CV:竹達彩奈)」
配信リンク:https://umj.lnk.to/soshina_cinderellaPR

soshinaレーベル公式HP:
http://www.universal-music.co.jp/soshina/

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE