ちゃんみな、20歳のアルバムを語る「私たちの世代が時代を作っていく」

2ndアルバム『Never Grow Up』をリリースしたちゃんみな

日本語、韓国語、英語を巧みに操るトリリンガルラッパー&シンガー、ちゃんみな。2年ぶり2作目となるフルアルバム『Never Grow Up』は、最新のヒップホップ、R&Bをベースにしたトラックに乗せて、20歳になった彼女の具体的で切実なリリックが乗ったリアルでエッジのある作品となっている。ボーナストラックにはバンドサウンドが印象的なロック楽曲「SAD SONG」も収録されており、これまで見ることのできなかった彼女の一面も垣間見ることができる。その見た目で誤解することなかれ。熱いハートを持ったちゃんみなの言葉が詰まったロングインタビューとなった。

ーちゃんみなさんの2ndアルバム『Never Grow Up』は、20歳でリリースするアルバムとして以前から決めていたタイトルで、ポジティブな意味で”大人にならない自分”であり続けたいという想いを込めているそうですね。

ちゃんみな:1stアルバムのタイトルを『未成年』に決めたのと同時に思いついたんです。私は将来から逆算してものごとを考えるタイプなので、30歳くらいまでのことは考えているというか。

ー30歳のちゃんみなさんは、どのようなことをやっていたいんでしょう?

ちゃんみな:そこは、あまり言いたくないんですよ(笑)。音楽をやっていることは言えるけど、具体的には言わないようにしていて。最終的なゴールがあるからこそ今に飽きないし、常に何かを頑張っていたいなと考えているんです。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE