星野源×トム・ミッシュ対談 音楽に正直であり続けるための方法

星野源とトム・ミッシュ。2019年5月28日、都内某所にて撮影。(Photo by Masato Moriyama)



生活の中にある音楽

トム:源は、SoundCloudとかは使う?

星野:聴くだけかな。アップロードとかはしたことない。

トム:そっか。いや、前はSoundCloudにもいい音源がたくさん上がってたんだけど、最近は全然ダメなんだよね。規制が厳しくなっちゃって。リミックスとかブートレグとか、あと曲作りに使える素材がいっぱいアップロードされてたんだけどさ、コピーライトの問題で全部取り下げられちゃって。昔みたいなコミュニティじゃなくなっちゃった。今はトラップばっかりがアップロードされてて全然よくない(笑)。

星野:ははは。トラップばっかりなのか(笑)。

トム:源はトラップについて、どう思う?

星野:うーん、トラップに一工夫加えられてる音楽は好きなものもあるんだけど……。

トム:だと思った。僕も同じ。あんまりトラップは好きじゃない(笑)。

星野:うんうん(笑)。


Photo by Masato Moriyama

―トムさんは、他のアーティストとのコラボレーションも沢山やってますよね。ご自身のアルバムに収録されている曲でも、例えば「It Runs Through Me」では、伝説的なヒップホップ・グループのデ・ラ・ソウルと共演していて。他のアーティストとの作業はどんな風に進めてらっしゃるんですか?

トム:色々やり方はあるよ。スタジオに一緒に入れるのがベストだけど、デ・ラ・ソウルの場合は彼らにまず曲を送って、ラップをのせて送り返してもらって。それを僕がまた家でつじつまが合うように整えて、何度かやり取りをして完成って感じだった。



―最近だと、ジョン・レジェンドともスタジオに入ったそうですね。こちらはまだリリースされてないそうですが。すごく楽しそうなレコーディングの様子をInstagramで見ました。

トム:ある日、マネージャーから「ジョン・レジェンドとセッションしてみる?」って連絡が来て。「やるよ!」って伝えたら「じゃあ、明日、スタジオ来てね」って言われて(笑)。昔からジョンの曲は姉さんと一緒に聴いてたし、あのぐらいビッグな人とコラボレーションするのは初めてだったから、かなりビビってたんだけど……いいセッションになったと思うよ。

星野:じゃあ、スタジオに入って一緒に曲を作ったんだ。

トム:そうそう。ジョンがスタジオに先に入ってたから、そこに直接行って。ラップトップを出して、まずビートを作ったんだよね。で、それを元にジョンがメロディーのアイディアを出して、歌って。あとは自分の家で整えて、出来上がりって感じだった。一緒にやった曲をアルバムに収録してくれるといいんだけどね。どうなるかはまだわかんない。でも、ジョンは本当に素晴らしいシンガーだったよ。名前負けしてないなって思った。

星野:楽しそう。僕は今までずっと一人で音楽を作ってきたんだけど、やっぱり大好きな人たちとコラボレーションしてみたいって思いもあって。そんなセッションをいつかやってみたいと思ってるよ。

―トムさんは『Geography』の1曲目「Before Paris」で、ロイ・ハーグローヴのモノローグをサンプリングしてますよね。その中には「愛してるからこそ、音楽をやらなくちゃならない。文無しだろうがなんだろうが関係なく、ただ音楽をやるのさ」という一節がありますけど。これって音楽を続けることに対するロイのマニフェストですよね。星野さんとトムさんの場合はどうなのかな、ということを最後に伺いたいです。



トム:うん。そうだね。音楽は何よりも喜びをくれるものだから。新しい音楽を、音を作り続けている限り、ドキドキする気持ちはいつまでも消えない。僕は毎日の生活の中で音楽を作ることしかしてないから。それってもう、仕事っていうよりは生活そのものじゃない。

星野:そういうトムの正直さ、すごくいいと思うな。トムの音楽には生活っていうところにちゃんと音楽が入ってる感じがする。音楽の中に温度があるよね。

トム:うん、源が言ってる通りだと思う。ありがとう。

星野:僕もいろんな時期があって、行き詰まる時もあれば、音楽をやっていろんな人に知ってもらえたことで辛い思いをすることもあったんだけど。でも、それでも音楽が好きだという気持ちと、音楽って楽しいなって気持ちはずっと変わらなくて。やっぱり、これが自分のやるべきことなんだなって。それが自分の音楽への情熱の変わらない大元の部分だと思う。

トム:わかるよ。本当にそうだよね。

星野:今回、トムに会えて本当に良かったです。ずっと会いたいと思ってたから。


Photo by Masato Moriyama



<リリース情報:星野源>

『DOME TOUR “POP VIRUS” at TOKYO DOME』
発売日:2019年8月7日(水)
Blu-ray初回限定盤(2Blu-ray+ブックレット)7200円+税
Blu-ray通常盤(2Blu-ray)6700円+税
DVD初回限定盤(2DVD+ブックレット)6500円+税  
DVD通常盤(2DVD)6000円+税

〇収録内容
◇星野源 DOME TOUR 2019「POP VIRUS」東京ドーム公演 (2019年2月27日 & 2月28日)
全23曲(特典映像、収録時間などの詳細は後日発表)

星野源 オフィシャルサイト:http://www.hoshinogen.com/


<リリース情報:トム・ミッシュ>


『Geography』
第11回CDショップ大賞・洋楽賞に選ばれるなど、日本でも大ヒットした傑作デビューアルバム。
発売中
詳細:https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=8851



『Beat Tape 2』
元々は2015年にミックステープとして発表された、トム・ミッシュの原点。
発売中
詳細:https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=9529

Translated by Kazumi Someya

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE