星野源×トム・ミッシュ対談 音楽に正直であり続けるための方法

星野源とトム・ミッシュ。2019年5月28日、都内某所にて撮影。(Photo by Masato Moriyama)



レコーディングとライブ、どっちが好き?

トム:あ、そうだ! 『POP VIRUS』聴いたよ。めちゃくちゃよかった。とても音楽的で。ビートもカッコよかったし、生楽器が効果的に使われてるところがすごく好きだな。

星野:嬉しい。僕もトムと同じで、セルフ・プロデュースでやってるんだ。

トム:え、全部? ビートのプログラミングとかも自分でやってるの?

星野:プログラミングする曲の場合、操作する人は別にいるんだけど、ああやって、こうやってって色々指定して、ディレクションをしながら作ってる。

トム:なるほどね。アルバムの中の曲だと、僕はやっぱり1曲目の「Pop Virus」がすごく好きだな。キャッチーで、すぐに歌えるメロディだよね(ハミングし始める)。



星野:わ! 嬉しい。昨日のトムのライブも本当に素晴らしかった。あれは、いつもやってるライブをそのまま日本に持ってきたの?

トム:そうだね。あのセットリストでこれまで2回ぐらいツアーをやってる。やればやるほどだんだんインプロヴィゼーション(即興)の要素が増えてきてるね。ギター・ソロとかメロディをライブごとに変えてみたりしてる。やっぱり毎回違う要素がある方が演奏してる側はもちろん、観てる人たちも楽しいと思うんだよね。


トム・ミッシュのライブ写真。5月27日、新木場STUDIO COASTにて。(Photo by Yosuke Torii)

星野:ゲストのサックスの人が出てきたときに、トムが座って弾いてたじゃない? あれ、すごくクールだなって思った。

トム:ありがとう。あれはジャム・セッションのリラックスしたヴァイブスを出したくて。腕のいいミュージシャンばっかりだから安心してああいうことができる。でも、今回のツアーからメンバーが少し変わっていて。ドラマーとベーシストとバイオリニストに新しい人を入れたんだ。だから、1週間ぐらいみっちりリハーサルしてから来た。

星野:新しいメンバーだと思えないぐらい、グルーヴがすごかった。

トム:それはよかった。演奏しててすごく楽しいセットなんだけど、結構長いんだよね(笑)。ノンストップで歌いっぱなしだからさ。ちょっと疲れる。源は、どれくらいの長さのライブをいつもやってるの?

星野:このあいだのドーム・ツアーは3時間ぐらい。終わった後は、もう……(疲れ果てた表情をトムに見せる)。

トム:3時間はヤバイね(笑)。ダンスもするんでしょ?

星野:でも、ほとんど自分では踊らないかな。ダンサーがいるから。僕のライブはインプロヴィゼーションの要素は少ないんだけど、バンドのメンバーとかお客さんと心は通わせたくて。ドームツアーでお客さんも多いんだけど、僕もトムみたいに座ったり寝っ転がりながら歌ったりしてたよ。


5大ドームツアー「星野源 DOME TOUR 2019『POP VIRUS』」でのライブ写真、東京ドームにて。

トム:ははは、いいね。源はこの間のツアーは2万人ぐらいの前でやったんだっけ?

星野:東京ドームなら5万人だね。

トム:ワオ……(笑)。緊張したりする?

星野:Little bit(少しね)。 でも、すごく楽しい。トムはレコーディングとライブ、どっちが好き?

トム:その質問、先週、ガール・フレンドにも聞かれたんだけど。

星野:ははは(笑)。

トム:「どっちも同じぐらい好き」って答えた。ライブだとインプロヴィゼーションの余地があるから。どっちもクリエイティブなものだなって思う。彼女はライブの方が好きだって言ってるけどね。スタジオだと飽きちゃうみたい。源は?

星野:僕はどっちかというとスタジオの方が好きなんだけど。ライブは来てくれるファンの人たちと一緒の時間を過ごすことを楽しみにしてやってる。

トム うん。源のいってる意味、わかるよ。

Translated by Kazumi Someya

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE