ニッケルバックが語るライブの美学、解散の危機、ロックが不滅である理由

ニッケルバックのライブ写真 (Photo by Richard Beland)

全世界で5千万枚以上のセールスを記録しているカナダ発のモンスター・バンド、ニッケルバック。彼らはここ日本でも強固なファンベースを築き上げ、昨年発売されたニュー・アルバム『フィード・ザ・マシーン』は自らの原点に立ち返ったハード路線の楽曲で挑み、多くのリスナーを狂喜乱舞させた。来年2月には自身二度目になる日本武道館を含む3公演を発表されたこともあり、首を長くして待っている人も多いだろう。今回はバンドを代表して、マイク・クルーガー(Ba/Cho)に話を聞いた。

―新作『フィード・ザ・マシーン』に伴うツアーは地元カナダはもちろん、アメリカ、ヨーロッパーと回っていますが、各地のリアクションはどうですか?

マイク:そうだね。今年はサマーソニックで日本にも行ったしね。日本は大好きな場所なんだ。いつも楽しく演奏させてもらっている。

―新作『フィード・ザ・マシーン』の内容に関しては、どんな反応があなたの耳に届いていますか?

マイク:すごくいいと思うよ。俺たちは満足している。今回は意図的にラジオでウケる曲とかそういうのは一切考えずに、シンプルにロック・アルバムを作ろうと考えていたんだ。結果的にラジオでも流してもらえそうな曲もいくつか出来たけど、俺たちはソリッドでストレートなロック・アルバムを目指したからね。どうやらそれが理解されたようで、反応もすごくいいし、俺たちの選択を支持してくれているように感じるよ。

―オーディエンスの盛り上がりを想像しながら、制作に臨んだ部分もありますか?

マイク:それは今回に限らないが、曲のスピードやテンポ感については、その選び方でオーディエンスの反応や動き方が変わってくるのは俺たちは経験上知っているからね。だから、こういうテンポの曲だと、こんなノリになるだろうなと想像することはある。でも今回は先読みするよりも、とにかく自分たちのルーツ、つまりはハードロックに立ち返ろうという意図がまずあったんだ。長年の間に俺たちも様々なサウンドやスタイルを探訪してきて、今だからわかる自分たちらしさが見えてきたように思うしね(笑) 。そもそも、そういうところから始まったんだよな、ということを今回のアルバムで再確認したよ。

―ルーツ回帰の意識はあったんですね。音楽的にもスタンス的にも初心を振り返る必要性があったと?

マイク:そうだね。俺たちは自分たちの出所を忘れたことはないし、それを否定したこともないからさ。ただ、原点回帰と言ってしまうと、そういう言い方を好まない人がいるだろうし、それは常に前に進んでいなければいけないという思いからくると思うんだけど。だって、後ろを向きながら前に進むのは難しいからね(笑)。でも今回の俺たちは、20年前の自分たちに戻ろうとしたわけではない。当時の自分たちに敬意を表しつつ、そこに今の俺たちの姿を投影させたと言うべきなのかな。20歳若返るわけにはいかないけれど、あの頃のような音楽を今の俺たちがやったらどうなるのか。アルバムを9枚も作ってきたバンドがやったらどうなるのか、試してみたかったんだ。

Translated by Kazumi Someya

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事