ローリングストーン誌が選ぶ「2018年ベスト・メタル・アルバム」トップ20

ジューダス・プリースト、ドーターズ、スリープなどの最新作がランクイン。

ジューダス・プリーストやドーターズ、デフヘヴン、スリープまで。ローリングストーン誌のスタッフが選んだ「2018年を代表するメタル・アルバム」トップ20作からシーンの1年を振り返る。

2018年のメタル界は活気があった。想像しうるジャンル、サブジャンル、さらに細かく分かれたジャンルのすべてが怒りと失望の深みまで入り込み、ここ数年で最も素晴らしいヘヴィなアルバムが複数生まれた。ドゥーム・バンドのスリープやヨブ、ウィンドハンドは恨みを丸出しにし、ブラック・メタルのイモータルとデフヘヴンは複雑なメロディを過剰なまでに込め、トゥーム・モールドやポータルのようなデスメタル・バンドは恨みをぐちゃぐちゃにつぶして圧縮し、メタルレジェンドのジューダス・プリーストはそこに地獄の炎を降らせた。本当に素晴らしいアルバムが多かったため、ゴーストやハイ・オン・ファイアなどのバンドが予想に反して票を集められずランクインすることができなかった。では2018年トップの“ヘヴィ・ヒッター”達を紹介しよう。

20位 ジ・アームド『オンリー・ラヴ』

このデトロイトのスクリーマー達は2ndアルバムでブラックゲイズの陽の面に、昔ながらのハードコアの荒々しい叫び声とエレクトロノイズの陽気なファズ、ハスカー・ドゥの意気揚々としたメロディをミックスした。コンヴァージのドラマー、ベン・コラーがこのとっ散らかったハッピーなサウンドに対し素晴らしい仕事をした。彼はモダン・ドラマー誌に、このサウンドに載せるアート・ハードコアの“ジェットエンジン”があるとは思わなかったと話した。さらに彼はこう語っている。「ジ・アームドはカート(・バロウ:コンヴァージのギタリスト兼エンジニア)にこのアルバムのデモを送って、そのデモが「コンヴァージ用のものだ」と彼に言わせたんだ。それで俺は曲を覚えた。だから基本的には俺は騙されてこのアルバムを叩かされたことになる。俺はこの奇妙な戦略に不意を突かれてただただやってしまったよ」



19位 ディシースト『ゴーストリー・ホワイト』

ディシーストは、没入できるストーリーや映像的なドラマがヘヴィメタルにおいて称賛されていた、今とは異なる時代からの生き残りである。80年代半ばから衰えることのないヴァージニア出身のこの重鎮達は、アイアン・メイデン風のメロディをスラッシュ的なスピードとグラインドコアの魂を合わせたような、並外れたスケールの物語主導の音楽への献身を8枚目のLPで再確認した。フロントマンでありバンドリーダーでもあるキング・フォーリーは、残忍な女統治者やクリスマスの時期にうろつく殺人鬼、さらにはタイムトラベラーの(エドガー・アラン・)ポーの熱狂的信者の物語をがなり声で歌い、狂気のカリスマ的な悪の首謀者を演じている。そしてそのすべてにマイク・スミスが不気味なアンセム的なリードギターでアクセントをつける(残念ながら、ドラマーのデイヴ・カスティロはリリースのほんの数日前に亡くなってしまい、このアルバムが彼の最後の音源作品となってしまった)。『ゴーストリー・ホワイト』はアメリカのアンダーグラウンドの至宝からの、考えさせられる、流行にとらわれないメッセージなのである。


Translated by Takayuki Matsumoto

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事