若きクリエイター音楽かいとが見据える、世界に日本の音楽を届ける目標

音楽かいと

音楽かいとが、2021年2月17日に最新EP『君は音楽で泣いた』を発表した。

リリース当時は大阪在住の高校3年生。作詞作曲/トラックメイク/プロデュース/ミックスなど、作品の全てを一人で手掛けるダンスポップが身上のSSW、トラックメーカー。EP『君は音楽で泣いた』は、彼の高校生活最後となる作品で、彼の高校の卒業式でも流れた楽曲「春の前に」や学生時代の恋愛模様を題材にした「傘の下」など、高校生当時だからこそリアリティのある曲が収録されている。サウンド面では彼自身が常日頃から意識している海外の音・トラック作りに影響を受けた音が作り込まれている。

シンセの音色から曲の長さまで、時代性を意識し、世界を見据えた彼にインタビューを敢行。生い立ちから収録曲、音楽観まで幅広く話を訊いた。

ー音楽を始めたきっかけを教えてください。

音楽かいと(以下、かいと):最初は、中学生の頃に岡崎体育さんのドキュメンタリーを見たことがキッカケです。ドキュメンタリーの中で曲をパソコン一台で作ってると説明されていて、そんな風に作れるんだというのが衝撃で、それをきっかけに始めました。単純に音楽が好きだったし、ゲームも普段からしないので、皆がゲームをやる時間分の音楽を聴いている感じですね。音楽かいとという名前も、岡崎体育さんが石野卓球さんを超える名前として、卓球を超えるもの=体育にしたと聞いたので、ぼくはそれを超えるには音楽だと思って、なんとなく響きだけで決めたんです。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE