過熱する音楽ドキュメンタリーのブーム、その背景にある2020年代のメディア構造の変化

ビリー・アイリッシュ(Photo by Koury Angelo/Getty Images for Apple)

音楽メディアThe Sign Magazineが監修し、海外のポップミュージックの「今」を伝える、音楽カルチャー誌Rolling Stone Japanの人気連載企画POP RULES THE WORLD。ここにお届けするのは、2021年3月25日発売号の誌面に掲載された、近年の音楽ドキュメンタリーのブームを考察した記事。次々とリリースされる大物アーティストたちのドキュメンタリー。その背景にはどのようなメディア構造や社会状況の変化が存在するのか?

【動画を見る】『ビリー・アイリッシュ:世界は少しぼやけている 』公式予告編

ここ数年、ジャンルやキャリアを問わず、大物アーティストたちの音楽ドキュメンタリー作品が増えている。昨年はテイラー・スウィフトやブラックピンクやアリアナ・グランデなどのドキュメンタリーが話題を呼んだが、今年に入ってからもビリー・アイリッシュやブリトニー・スピアーズの注目作が公開。リアーナやザ・ウィークエンドもドキュメンタリー企画が進行していることを明かしている。ベテラン勢に目を向けると、近年はボブ・ディランやブルース・スプリングスティーンのドキュメンタリーが記憶に新しい。

『BLACKPINK ~ライトアップ・ザ・スカイ~』予告編



なぜ今、「ドキュメンタリーのブーム」が加速しているのだろうか。

ひとつには、映像ストリーミングサービスの時代に入って、ドキュメンタリー作品の人気が如実に高まっていることが挙げられるだろう。ビリーのドキュメンタリーはアップルが2600万ドル、リアーナのドキュメンタリーはアマゾンが2500万ドルで買ったという報道からも、そのニーズの高さが伺える。しかも、今は映像ストリーミングのプラットフォームが乱立する戦国時代。契約者増加に繋がるコンテンツの奪い合いが過熱するのは当然だ。

また、2010年代末から顕在化し始めたこのブームは、特にパンデミック以降、ライヴの代わりにアーティストとファンを繋ぐ新たなツールとして役割を果たしているところがある。もちろんライヴストリーミングコンサートも同じ機能を持つが、ドキュメンタリーはよりアーティストの「素顔」を伝えるメディアとしてのニーズがあるのだろう。実際、多くの作品がそのような構成を取っているように、インタビューとライヴ、そしてオフでの「素の表情や発言」を組みわせたものが今のドキュメンタリーの主流だ。ファンとのコミュニケーションに必要な要素をすべて併せ持ったドキュメンタリーは、コロナ禍において極めて効率がよく、合理的なメディアだと言える。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE