アジカン後藤×NOT WONK加藤 世代を超えたシンパシーと音楽への向き合い方

後藤正文と加藤修平(Photo by 佐藤祐紀)


今は「競争」ではなく「多様性」の時代

後藤:俺、ミュージシャンのことは全部仲間だと思ってる。これは佐野元春イズムなんだよね。最初に佐野さんと対談した時に、この人めちゃくちゃフラットだなと思って。「俺のほうが先輩だから」みたいなこと一切言わない。「自分の経験ではこうだったけど」「こういう経験はしたよ」とは話してくれるけど、でもみんな仲間。「大きなパーティーやってるんだったら僕も仲間に入れてくれよ」くらいの感覚。すげぇ格好いいな、そうだよなって思った。佐野さんの立ち方を見てると、もう別に先輩後輩とかじゃないなって。

加藤:そうなんですね。

後藤:あとは今、比べてもしょうがない、みたいな感覚もあるでしょ。昔、俺たちの時代って、ギターロックバンドの中で誰が一番最初に突き抜けるのか、競争みたいな感覚があって。今みたいな多様性もなかったの。正解もそんなに数が多くなくて、メジャーデビューして全国ツアーやる、みたいなロールモデルしかなくて、突き抜けた奴らをみんなで嫉妬してた。そういうこともあったけど、今はもっとみんな自由だもんね。

加藤:ですね。もっと解き放たれてるというか。

後藤:それぞれ個性が違うし「NOT WONKとミツメどっちが凄い?」って言い出しても「どっちもいいよ」って言うしかない(笑)。そういう意味ではいい時代になったと思うけど。自分の機嫌がいいのは、そうやっていろんなバンドがいるからだと思うんだよね。みんなでギターを歪ませて競争する時代じゃなくて、いろんなやり方で、いろんな面白い人がいてもよくなった。昔はバンドやってソロもやるっていう、そんなことも無理だったし。


Photo by 佐藤祐紀

一昔、誰かメンバーのソロが始まるのは、そのバンドの解散を示唆するようなものでしたからね。

加藤:そうなんですか?

後藤:そうそう。そもそも契約の時点でソロをやるのが難しかったり、ファンも「お前、バンドだけやってろ!」みたいな(笑)。でも今は客演とかがないとやっていけない時代だし、その繋がりの中でみんな生きてるから。

加藤:僕らもバンドとはいえ、フジ(Ba)もアキム(Dr)もひとりの音楽家だと思ってるんです。すごくいいプレイヤーだなと思ってるし、二人がもうちょっといろんなところ出ていってもいいなと思うし。

後藤:みんながソロやってるバンド、絶対格好いいもんね。そういう独立心も最高だし、その自由さはみんな持ってたほうがいいよね。みんながヘルシーになっていく気がする。バンドの中で「こいつの言うことばっかり聞くのもう嫌だな」とか思ってるなら、みんなソロを作ればいい。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE