佐野元春が40年の歩みを語る 言葉・メロディ・ビートへの意識と挑戦

佐野元春(Courtesy of 佐野元春)



「孤高の戦い」ではなく「愉快な冒険」

―『VISITORS』は日本初のラップと言われています。

佐野:そうかな。日本語のラップといえば、雪村いづみが50年代のレコード「恋人になって(I WANT YOU TO BE MY BABY)」でごきげんなラップを披露している。共演して一緒に唄ったことがあるよ。ただ、ストリートワイズに根ざしたいわゆるレベルミュージックとしてのラップ、ということで言えば「COMPLICATION SHAKEDOWN」が初めてだったと思う。「フィジカルなダンス、メンタルなダンス、システムの中のディスコテーク」っていうカンジ。

―ええ。

佐野:要はラップでもそうでなくても、当時のキッズたちが「これは僕たち、私たちの音楽だ」といって楽しんでくれたのが良かった。コンサートでは全国のどこのホールも熱狂的だった。時代が変わると思った。

―そして日本の音楽は大きく変わりました。ただSNSもなかった当時は、そうした若き表現者の挑戦は当時孤高の戦いだったのでは?

佐野:孤高の戦いではなかったよ。愉快な冒険をしている感じだった。まるで、マルクス・ブラザーズが場を混乱させているようなカンジ(笑)。なので、あるインタビューで「佐野元春さんの基本的な資質は何だと思いますか?」って聞かれたから、すかさず「コメディアン」と答えたよ。

―(笑)。ちなみに、今だから言えるNY時代の秘話ってありますか?

佐野:当時、国営放送でやっていたFM番組をNYから送っていた。NY特派員になって街をレポートしたり、最新の音楽を流していた。そこでいろんなことが起こった。

―例えば?

佐野:クラブなんかで取材するにはプレスの認証がないとだめだった。自分は持っていなかったので、いけないと思いつつも偽造した。証明写真はアルバム「ノーダメージ」の写真を使った。ちょうど正面を向いてる写真だったから、そこだけ切り取って使った。出来が良かったのか、そのIDでどこでもパスできた。

―ほとんど犯罪ですよ、佐野さん(笑)。

佐野:今だから言える話。ダウンタウンのレゲエ専門のクラブに行って、ライブ録音の許可をもらおうとしたんだけれど相手にされなかった。次の日の夜、知り合いから質のいいマリファナを買ってそのクラブに持っていった。もう一度交渉したら「好きなだけ録音しろ」と言われた。おかげでニューヨークの最新のレゲのライブを日本でオンエアできた。

―聞かないことにしておきます(笑)。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE