日本ポップロックの革命の時期 1980年代後半の佐野元春作品を振り返る

佐野元春(Courtesy of DaisyMusic)

日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2020年9月の特集は、佐野元春40周年。2週目となる今回は、1980年代後半の佐野元春の作品や背景を、佐野本人と共に語っていく。

田家秀樹(以下、田家):こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人、田家秀樹です。2020年9月の特集は「佐野元春40周年」。ポップミュージックというのは時代を映す鏡です。世の中の動向、若者たちの生活、テクノロジーを含む環境の変化。いろいろなものを反映します。1980年代の前半に佐野さんの「SOMEDAY」が愛唱歌だと仰っていた作家の村上龍さんは、ポップの波打ち際という言葉を使っておりました。1970年代のルー・リードの名曲のタイトルを借りるなら「ワイルド・サイドを歩け」。音楽と時代、ジャーナリズムとコマーシャリズムが交差する最前線をずっと歩いてこられたのが佐野元春さんです。彼が求めてきたこと、夢見てきたこと、抗ってきたこと、傷ついてきたこと、そして守ろうとしてきたもの。それが一体どんなものだったのか? 今、当時ををどう思っているのか? 

今月は、10月7日にリリースされる佐野元春さんの『MOTOHARU SANO GREATEST SONGS COLLECTION 1980 - 2004』と、『THE ESSENTIAL TRACKS MOTOHARU SANO & THE COYOTE BAND 2005 - 2020』を中心に改めてそんなお話をお訊きできたらという1ヶ月です。今週はこの曲から。1986年12月1日発売のアルバム『Café Bohemia』から「ヤングブラッズ」。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE