BAND-MAID最新作、我流のハードロックで体現する日本文化とは?

メジャー3rdアルバム『CONQUEROR』をリリースしたBAND-MAID

メイド服を纏いハードなロック・サウンドを奏でる5人組バンドBAND-MAIDが、メジャー3rdアルバム『CONQUEROR』をリリースした。メンバー自身が作詞作曲をした楽曲に加え、デヴィッド・ボウイやT. Rexらを手がけたイギリスのプロデューサー、トニー・ヴィスコンティがプロデュースを手掛けた楽曲「The Dragon Cries」を含む全15曲。リリース直後、全米ビルボードチャート3部門にチャートインし、世界各国のiTunesチャートでも上位にランクインを果たしている本作について、Rolling Stone Japanでは初となるインタビューを行った。

─お1人ずつお名前と、音楽のルーツになったアーティストを教えてください。

MISA:ベースのMISAです。好きなベーシストは今ピクシーズでベースを弾いているパズ・レンチャンティンさんです。

AKANE:ドラムのAKANEです。マキシマム・ザ・ホルモンのドラムのナヲさんに影響を受けて、私もドラムを始めました。

小鳩ミク(以下、小鳩):ギター・ボーカルの小鳩ミクですっぽ。天童よしみさんがきっかけで歌の楽しさを知って、東京事変さんがきっかけでバンドの格好いい音楽を好きになりましたっぽ。

SAIKI:ボーカルのSAIKIです。安室奈美恵さんが好きで、歌を志しました。

KANAMI:ギターのKANAMIです。サンタナが好きです。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE