BAD HOP、米LAで制作したEPを発表「ずっと探していた入り口のドアがやっと見えた」

EP『Lift Off』をロサンゼルスで制作したBAD HOP(Courtesy of BAD HOP)

今や、名実ともに日本一のラップ・グループとなったBAD HOP。これまで特定の事務所やレーベルに所属することなく、全てセルフメイドでそのキャリアを駆け上ってきた。

メンバー8名の平均年齢は約24歳という若さがながら、2018年には日本武道館での単独自主公演を成功させ、今年行った5都市を廻るZEPPツアーのステージーではメンバーのT-Pablowが自ら、「来年はアリーナのステージに立つ」と宣言してみせた。人気、実力ともに申し分のないBAD HOPだが、次のステップへと進むためにメンバーそれぞれが共通して掲げていた目標こそが、<世界を目指すこと>であった。

今回、その目標へ向かうステップとして彼らが定めた目的地はアメリカの西海岸・ロサンゼルスの地だ。メンバーそれぞれ、個々に海外経験があるメンバーも多いが、BAD HOP全員でアメリカの地を踏むのは初めてのこと。レコーディングを行ったのは、ハリウッド付近に位置するChalice Recording Studios。これまでにジェイ・Zやエイサップ・ロッキー、ニプシー・ハッスルら、名だたるラッパーたちの名盤を生み出してきた名門スタジオだ。そして今回、エンジニアとしてBAD HOPの新たなサウンドを作り上げたのも、ケンドリック・ラマー『Good Kid, M.A.A.D City』でグラミー賞に輝いたという名うての音職人である。

海外基準のサウンドを目指すBAD HOPには、もちろんそのクオリティに適合するビートが必要だ。BAD HOPのエネルギーと可能性に魅せられ、全6曲入りのEP『Lift Off』(Apple Music・iTunes限定リリース)に参加したプロデューサーは以下の通りである。



まず、EPの冒頭を飾る「JET」を手掛けたのはマーダー・ビーツ。ドレイクと同じカナダはオンタリオ州出身で、2018年にはミーゴス「MotorSport」、ドレイク「Nice For What」、シックスナイン「Fefe」と、プロデュースを手掛けたシングルが立て続けにミリオン・ヒットを記録。2019年のグラミー賞では合計6部門にてノミネートされるという快挙を成し遂げ、一躍、稀代のヒットメイカーとして名を上げている存在だ。ちなみにマーダー・ビーツ本人もBAD HOPのエネルギーに大いに感銘を受けたらしく、人気ポッドキャスト番組「No Jumper」でもBAD HOPの名前を挙げたり、InstagramのストーリーにBAD HOPから贈られた服をアップしたりと、インタラクティヴな交流が続いていることを明らかにしている。



そして「Double Up」のビートは、メトロ・ブーミンの手によるもの。アトランタを中心とする現代のトラップ・ブームの立役者としても知られる存在であり、フューチャー「Mask Off」やミーゴス「Bad and Boujee」といった特大ヒット曲を多数手がけている。カニエ・ウェストやザ・ウィークエンドらのプロデュースも担当しており、また、トラヴィス・スコットやドレイクのサウンドにも欠かせない存在でだ。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE