譜久村聖と小田さくらが明かすモー娘。ライブの舞台裏

左:小田さくら 右:譜久村聖(Photo by Masato Moriyama, Styling by Ayako Udagawa, Hair and Make-up by Akiko Hachinohe)



もうワンステージ上に行けたらいい

ーお二人は歌メンとして、モニターやイヤモニの返しはけっこう意識してますか?

小田 会場によって音がすごく響いたり、低い音がクリアに聞こえるときって曲のテンポが少し遅く感じるんですよ。そういうときはいつもと同じ曲なのにみんなの歌のテンポが謎に早くなっちゃったりするので、ギターとかドラムのチキチキした音をちょっと上げてもらうことはあります。あと、人の身体って音を吸収するのでリハーサルのときと本番で音が変わるんです。

譜久村 広がりがないというか、エコーがないように聞こえてしまったりとか。そうなる分には構わないんですけど、お客さんが入ったときのことを考えてリハーサルでモワッとした雰囲気の音を作ってもらったのに、実際は想定してた感じにならなかったときは本番中に変えてもらったりします。

ー会場によってバランスを捉えると。

小田 会場によって全然違います。

譜久村 通常のモニターのときは、めちゃめちゃ歌いやすい場所を見つけたら、もうそこから離れたくなくなります。

小田 「一生ここにいたい、ここで歌いたい」っていう。

ー武道館ではイヤモニを使っていると思うんですが、そっちのほうがやりやすいところもあるんですか?

譜久村 イヤモニの音って普段と全然違って最初は慣れなかったんですけど、ひとツアー全部イヤモニでやったことがあって、そこからはイヤモニのほうがうまく歌えると思ってます。そこはすごく鍛えられましたね。

小田 イヤモニって耳に直接返ってくるので、ヘッドホンをしてるレコーディングブースと同じ状況なんですよ。だから、私たちのライブだとCDよりもめちゃくちゃ太い声で歌う曲があるんですけど、イヤモニを使ってるとCDと同じ歌い方になる、って言うとファンの方はわかるかもしれない。例えば、「愛の軍団」は本番だと太い声で歌うけど、レコーディングではクリアで的確な歌い方なんです。イヤモニをしているとそういうクリアな歌い方になりそうで、でもそれってお客さんがライブで聴きたいものではないのかもしれないし、苦戦しますね。

譜久村 でもそのぶん丁寧にできるし、リズムもしっかり取れるんですよね。

ーYOSHIKO先生もおっしゃってたんですけど、今は武道館よりももっと大きい会場に見合う存在になれてるんじゃないかと思うんですが、いかがですか?

譜久村 私は初めて立つステージですごく緊張してしまう人なんですけど、これまでにモーニング娘。の先輩方が立ってきたステージにはどうしても立ちたいんですよ。だから、道重さゆみさんが一度連れて行ってくれた横浜アリーナにもまた立ちたいし、他の先輩方が卒業コンサートとかハロー!プロジェクトのコンサートで使っていたさいたまスーパーアリーナにも立ちたいとと思ってます。東京ドームほど遠くなってしまうと逆に熱量が伝わらないかなって思うんですけど、今の私たちがどこまで伝えられるのか試してみたいというのはあります。今はありがたいことに武道館に立たせてもらう機会が増えて、武道館での歌い方っていうのが掴めるようになっているので、だからこそもうワンステージ上に行けたらいいなって思ってます。

小田 私、他のアーティストさんのライブをすごく大きい会場の後ろのほうで観たことがあるんですけど、楽しいと思う反面、「ここまで遠いと他人事みたい。TVで見てるのと変わらないかな」って一瞬思って。でも、こんなに大きい会場でもみんな同じ気持ちで楽しめるアーティストがいたら本当に凄いと思ったので、自分たちでそういうことができたらなとは思います。

Interviewer by Takuro Ueno(Rolling Stone Japan)


譜久村聖
1996年10月30日生まれ。東京都出身。2011年1月2日、9期メンバーとしてモーニング娘。に加入。2014年、歴代最年少でリーダーに就任した。


小田さくら
1999年3月12日生まれ。神奈川県出身。2012年9月14日、11期メンバーとしてモーニング娘。に単独加入。グループの中では随一の歌唱力を誇る。







<INFORMATION>

「人生Blues / 青春Night」
モーニング娘。’19
アップフロントワークス
発売中

初回限定盤A


初回限定盤B



RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE