キース・リチャーズが語る、ストーンズのスタジオプランとツアーを続ける理由

2018年、ロンドン公演で演奏するキース・リチャーズ(Photo by Roberto Ricciuti/Getty Images)


リチャーズはツアー直前にスタジオに戻ることを「完璧なタイミング」と言う。そして、ニューオーリンズ・ジャズ・フェストが含まれ、ニュージャージーとシカゴのスタジアムで複数の公演を行う今回のUSツアーを心待ちにしている。「それが俺の仕事だからな」とリチャーズが言う。また、1964年にブレークするきっかけとなった思い出深い国であるアメリカについて「この国でまたライブができるのは最高だよ。しばらくぶりのツアーだからな。アメリカは初期の頃の俺たちにとって絶好の猟場だったといつも思う。イギリスでは成功していたけど、アメリカ大陸を縦断するなんて本当に度肝を抜くことだった。そんなこともあって、アメリカでの仕事は俺の感受性を刺激するんだよ」と言う。

これまでのストーンズのツアーは、最初にクラブでサプライズ的なライブをすることが多々あった。狭いクラブで間近でストーンズを観るなんて、ファンは間違いなく夢心地になる。その可能性があるのかをリチャーズに聞くと「可能性はあるよ」と言って続けた。「前回2回のツアーではやっていないからね。あのときもやりたかったんだよ、実は。機材の運搬の都合で無理だったと思ったな。最適なクラブが見つかればやるし、見つからなかったらやらないってだけ。つまり、メニューにはオードブルとしてちゃんと載っているってことさ」と。

今回のUSツアーにもファンお待ちかねのサプライズがあると言う。去年のツアーで彼らは「シーズ・ア・レインボー」や「愚か者の涙」のようなレア曲を披露した。急に掘り起こしてみんなを驚かせる楽曲のアイデアがいくつかあるとリチャードが言う。「ずっと考えていたのさ。でも君がこの質問をしたおかげではっきりしたよ。詳しくは教えられないけど。この件に関して明言を避ける俺の気持ち、分かるだろう?」

75歳の今もスタジアムのステージを飛び回って疲れないと言うリチャーズ。「全然疲れない」と彼。彼がそうすることで他のメンバーも元気になると言う。「つまりさ、あそこでどうやったら嫌な気分になれる? 俺たちはスタジアムで大好きな仕事を思う存分やれるんだぜ。ラッキーなことに、それをものすごい数の観客が見に来てくれるんだから。大したことないなんて絶対に言えないよ、だろ? それに、それが俺の仕事なのさ。バンドのメンバー全員がそう思っている。この仕事は全員が同じ気持ちじゃなきゃできないんだ。ほんと、みんなが同じ気持ちでいるってことは最高の贈り物さ。みんな、とにかくやりたいんだよ」

リチャーズはローリング・ストーンズが活動期間の長さで記録を作っていると知っていて、このバンドのレガシーこそが彼らが今でもツアーを続ける要因だと言う。「それに、これを止める方法があるかい?」と言って続けた。「(歴史は)書き換えられるべきだと思うな。どんなエンディングが待っていてもね」と。

Translated by Miki Nakayama

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE