伊藤美来、全国ツアー最終公演で見せた多彩なポップの形

『伊藤美来 Live Tour 2021 Rhythmic BEAM YOU』(Photo by 江藤はんな)

伊藤美来がキャリア初となる全国ツアー『伊藤美来 Live Tour 2021 Rhythmic BEAM YOU』の最終公演を3月21日(日)、パシフィコ横浜国立大ホールにて開催した。

このツアーは昨年12月にリリースされた3rdアルバム『Rhythmic Flavor』を携えて実施されたもので、伊藤にとって初の大阪単独公演(3月6日開催のサンケイホールブリーゼ公演)と今回の横浜の計2公演を展開。ライブ本数こそ少ないが、緊急事態宣言下で万全な新型コロナウイルス感染症予防対策を講じて敢行することを考慮すれば、有観客で無事行われたことはファンにとって喜ぶべきことと言える。

横浜公演当日はあいにくの天気で、局地的な大雨や強風に見舞われるなど決してベストな状況ではなかったが、会場には久しぶりに伊藤と会うことを楽しみにしていた大勢のファンが駆けつけた。定刻を過ぎた頃に会場が暗転すると、無音の中でステージ側から客席に向けて眩い光が放たれる。すると、ステージ上には伊藤のシルエットが浮かび上がり、アカペラによるスキャットが会場中に響き渡るとともに「ワタシイロ」からライブは軽やかにスタート。冒頭のこの短いフレーズのみで、パシフィコ横浜という大きな会場を“ワタシイロ”に染め上げた伊藤は、ニューアルバム『Rhythmic Flavor』のアートワークを彷彿とさせるパステルカラーのステージで笑顔を振りまきながら「みんな、会いたかったよーっ!」と挨拶する。

続くアップテンポの「all yours」ではダンサーも加わり、ステージ上の華やかさが一気に増すことに。客席から歓声やコールを挙げることはできないものの、オーディエンスはハンドクラップを交えながら高揚感を伝えていく。さらに、ダンサブルな「one’s heart」では天井に設置されたミラーボールが回転する中、伊藤はダンサーとの息の合ったパフォーマンスで観る者を魅了した。

3曲終えたところで、伊藤は「本当に来てくれてありがとうございます!」と感謝の言葉を告げると、「音楽を楽しんでもらいながら、夢のような時間、世界をお届けしたいなと思っています」とこの日のライブへの意気込みを口にする。ここからは『Rhythmic Flavor』からの楽曲を軸に進行。「hello new pink」ではピンク色の照明とピンク色のペンライトで会場が一色に染め上げられ、これからの季節にぴったりな曲調と相まって晴れやかさが増していく。続く「PEARL」では、伊藤の繊細さと力強さを兼ね備えたヴォーカルがより効果的に表現され、楽曲本来の魅力をさらに引き出していった。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE