TVアニメ『ゾンビランドサガ』で「音楽」が果たした役割

『ゾンビランドサガ』より(©ゾンビランドサガ製作委員会)

ゾンビとして生き返った女の子たちが、佐賀県を救うためにご当地アイドルして活動するーーという想像の斜め上を行く展開で注目を集めたTVアニメ『ゾンビランドサガ』。現在発売中のRolling Stone Japan vol.05では特集「TVアニメ『ゾンビランドサガ』の世界」を掲載したが、ここでは音楽制作の裏側に迫るべく、Cygames竹中信広氏、エイベックス・ピクチャーズ村上貴志氏、スコップ・ミュージック佐藤宏次氏のインタビューをお届けする。

ー主人公たちが結成するアイドルグループ、フランシュシュが劇中で歌う曲がどれも印象的でした。曲を作る上で大事にしていたことは何かありますか?

佐藤:歌詞の世界観に軸を持たせたほうがいいと思っていましたが、あの統一感を出してるのは何よりも歌の影響が大きかったと思っています。いわゆるキャラソンではなく、劇中のアイドルグループが目的を持って客前で歌う。演者の皆様が一生懸命やってくれたことで、フランシュシュとしての「歌」になったのではないかと思います。

竹中:フランシュシュのメンバーは一度死んでしまった人間たちなので、切なさや儚さみたいなものが全ての曲から感じられるといいというリクエストを、最初の打ち合わせでお伝えしたんです。それも関係している気がします。

村上:歌詞はスコップ・ミュージックの古屋(真)さんを中心に書いてくださったんですが、皆さん脚本をしっかり読みこんでフランシュシュが伝えたいことはなんだろうということを考えてくれました。それが一番大きいと思います。

竹中:『ゾンビランドサガ 』は企画をはじめてから、作品が世の中に出るまでに4年くらい費やしているので、イメージは明確にありました。でも音楽に関してはプロではないので、皆さんに想いを伝えてゼロから形にしていただいた感じです。

佐藤:ベーシックの楽曲に関して脚本に細かい説明が書かれてなかったぶん、音楽制作の自由度が高かったというのはあるかもしれません。シンプルにストーリーを読んでイメージを膨らませていくというか、想像できる余白がたくさんあったので自由に想像と妄想を膨らませて作ることができました。

村上:ただオープニング曲(「徒花ネクロマンシー」)は、あれをやりたいこれをやりたいっていう意見が特に多かったですよね。



佐藤:伝え方が難しいのですが「なんかこれとこれを足したらこうなったけどイイかも!」っていう、特殊な例です(笑)

竹中:最初から戦隊ものっぽい曲を発注してたわけじゃなくて、みんなの意見が少しずつ反映されていって出来上がったんです。完成した曲を聴いたときは「おー!」ってなりました。

村上:竹中さんが「歌詞に“サガ”って入れたい」って言っていたのは強烈だなと思いました。

竹中:僕が言ったのは「最後に“サガ”って入れてほしい」ってことと「男性の野太いコーラスを入れてほしい」の2つでしたね。あと口上もそうか。

佐藤:打ち合わせしてるとき、横でキャラクターデザインの深川可純さんとすごい盛り上がってましたよね(笑)。

竹中:口上ってあんまりないからやってみたかったんです。ただ、監督(境宗久)とは意見の食い違いがちょっとありましたけど(笑)。

村上:でも皆さんの意見が上手く反映されたのがオープニング曲だなって思いました。

ー登場人物たちの成長を示す象徴の一つとして、ライブシーンは物語の大きなキーになっていますよね。飛び入りライブを経てからの駅前ゲリラライブでデビューという「下積みからの頑張り感」というのも分かりやすく伝わってきます。ライブシーンはゾンビランドサガの中でどういう位置付けなんでしょうか?

竹中:アイドル活動がお話の中心になるので、そこはしっかり描かないといけないなと思っていて、視聴者に作品を通して何かを感じてもらいたいなというとき、物語と楽曲をリンクさせるのが一番伝えやすいなと。そういう意味で普通にライブシーンをやるよりはメッセージ性があると思います。


©ゾンビランドサガ製作委員会


©ゾンビランドサガ製作委員会

ー佐賀市のライブハウス「GEILS」だったり、あとは656広場だったり、そしてクライマックスに出てくる唐津市ふるさと会館アルピノだったり、ライブのシチュエーションが現実世界と地続きというのも面白いですよね。佐賀に視察に行った際、このへんのロケーションもいくつか見に行かれたんですか?

竹中:そうですね。元々こういうことがやりたいっていうのを佐賀県庁のフィルム・コミッションさんにお話をさせていただいて。それを踏まえて、駅前でゲリラライブするならどこがいいだろうとか、設定に合った場所をピックアップしていただいたんです。ロケハンから得た情報をシナリオにもたくさん反映させてますね。

村上:けっこう細かく再現されてますよね。

竹中:自分たちだけでは得られない情報ですからね。佐賀県の人が見ても「ここ!?」みたいなマニアックな場所がよく出てきます。あと5話の「ドライブイン鳥」の楽曲は佐賀のローカルCMソングなんですけど、フランシュシュver.でちゃんと作ってレコーディングしました。


©ゾンビランドサガ製作委員会

佐藤:サウンドも割と忠実に再現しました。細かいところは少し変えましたけど。

竹中:アニメとしては前例のない試みだった気がします。

佐藤:そんな細かいディテールいる?みたいな(笑)。

村上:ヴォーカルも皆ハモってるし。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事