矢沢永吉がロックで上り詰めるまで 1970年代の楽曲とともに語る

矢沢永吉

音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2020年10月の特集は矢沢永吉。第2週となる今回は、ソロ活動を始めた矢沢永吉の1970年代を辿る。

ウイスキー・コーク / 矢沢永吉

こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人、田家秀樹です。今お聴き頂いているのは矢沢永吉さんの「ウイスキー・コーク」。2013年発売になるベストアルバム『ALL TIME BEST ALBUM』よりお聴きいただいております。オリジナルは1975年のアルバム『I LOVE YOU,OK』の中の曲です。今日の前テーマはこれです。

今月2020年10月の特集は「矢沢永吉」。1949年9月14日生まれで今年71歳。去年発売したオリジナルアルバム『いつか、その日が来るまで...』がアルバムチャート1位になり、史上最年長記録となりました国民的ロックスター。日本のロックの革命時、風雲児。日本のロックの最先端を走り続け、日本のロックのインフラを作った。そして、日本のロックをメジャーにしたスーパーレジェンドであります。先週は、10月21日に出る3枚組アルバム『STANDARD〜THE BALLAD BEST〜』のご紹介をしました。今週からは、3週にわたって矢沢さんの45年間を辿ってみようと思います。今週は1970年代、まさに"オレ達若かったよな"という時代です。生まれていなかった人もいるでしょう。今週も矢沢さんからのコメントをいただいておりますのでお楽しみに。1曲目は1977年の曲です。「黒く塗りつぶせ」。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE