ロックダウンの最中、ワーナー・レコーズはなぜビッグタイトルをリリースし続けるのか

デュア・リパは、ジェームズ・コーデンの『Late Late Show』でミュージシャン(とダンサー)たちを交えたスマートなウェブキャストパフォーマンスを披露。(Photo by CBS via Getty Images)

市場の減速に伴い、多くのアーティストが作品の発売を延期する中、予定通りにタイトルをリリースする米ワーナー・レコーズの戦略は見事に功を奏している。「音楽は瞬間を切り取ったものであり、時間と切り離すことはできない」同社のCOO、トム・コーソンはそう話す。

ロサンゼルス在住でワーナー・レコーズのチェアマン兼COO、トム・コーソンを取材するにあたって、開始早々にドイツ人フットボールコーチのユルゲン・クロップの台詞を耳にするとは思わなかった。しかし、現実の出来事とは思えないニュースがヘッドラインを飾り続けている現在では、何が起きても決しておかしくない。

「フットボールというのは、不可欠でない物事の中で最も重要なものだ」。リヴァプールFCの監督を務めるクロップのその発言(厳密にはコーソンがややアレンジしている)は、新型コロナウイルスの感染拡大によりスポーツの試合や大会が中止に追い込まれている現在の状況に対する彼の見解だ。コーソンはこの殺伐とした空気の中でもユーモアを忘れない姿勢に共感しつつも、クロップの意見に異を唱える。コーソンは現在のような状況下において、不可欠でない物事の中で最も重要なものは、紛れもなく音楽だと主張する。ワーナー・レコーズは世界中が混乱に陥ったここ数週間の間にもヒット作を送り出しているが、その事実はコーソンのそういった信念と関係がありそうだ。

同社は3月27日の金曜日に、デュア・リパの『フューチャー・ノスタルジア』、そしてパーティネクストドアの『パーティモバイル』というビッグタイトル2作を同時にリリースしている。ドレイクのOVO Soundとの共同リリースとなった後者は、3年ぶりにその声を披露したリアーナをフィーチャリングした「ビリーヴ・イット」を同日にシングルカットしたことも強力な追い風となった。



新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を防ぐために各都市がロックダウンに踏み切る中、メジャーレーベル各社はレディー・ガガ、アリシア・キーズ、サム・スミス等の新作の発売を延期している。しかし、コーソンはその風潮に抗う。

「音楽は瞬間を切り取ったものであり、時間と切り離すことはできない」。彼はそう話す。「作品のリリースを何カ月か遅らせるということは我々も考えた。しかし、勢いに乗っているアーティストの新作をファンが待ち望んでいることを考えれば、発売延期はより大きなリスクを伴う行為だと思う」

先週6万2000枚相当の売り上げを記録して全米チャートTop5入りを果たした『フューチャー・ノスタルジア』について、コーソンは「期待した以上の反響」だと話す。また同作からシングルカットされた2曲「ドント・スタート・ナウ」と「ブレイク・マイ・ハート」は、Spotifyの週間グローバルランキングでそれぞれ2位と7位にランクインしている。 一方「ビリーヴ・イット」は世界中でSpotifyのToday’s Top Hitsのリードトラックに選出され、公開から7日間で2000万回再生を記録した。

Translated by Masaaki Yoshida

RECOMMENDEDおすすめの記事