27歳で他界した「27クラブ」のスター20人

ジム・モリスン、エイミー・ワインハウス、カート・コバーンら27クラブの面々(Photo by Aradlo Di Crollalanza/REX Shutterstock, Matt Dunham//AP/REX Shutterstock, Stephen Sweet/REX Shutterstock)

「27クラブ」はロックンロールの歴史において最も謎めいた、非常に痛ましい偶然のひとつに挙げられている。

27クラブという名称が広く知られるようになったのは、1994年にカート・コバーンが死んだ後、ロックファンが彼の年齢をジム・モリソンやジャニス・ジョップリン、ブライアン・ジョーンズ、ジミ・ヘンドリックスらと結びつけるようになってからだ――もっとも、1970年代初期に4人の天才たちが2年間で立て続けに他界したときから、ファンの間ではすでに有名な話だった。

2011年にエイミー・ワインハウスが27歳でこの世を去ると、さらに27という数字の意味合いに注目が集まった。27クラブの大半はミュージシャンだが、それだけに留まらず、多くの俳優やアーティストが薬物中毒や自殺、不慮の事故など様々な理由で命を落としている。今回は27歳という若さでこの世を去った人々の一部をご紹介しよう。

・ロバート・ジョンソン



デルタ・ブルースで最も名高い唯一無二の存在、ロバート・ジョンソンが遺した楽曲はスウィングと不協和音を利かせた、時に調子外れのギターに、地獄の番犬、悪魔、絶望感を綴った鳥肌ものの民話的な歌詞を乗せられている――ロックンロールの歴史で何十年も脈々と流れてきた嗜好だ。収録した楽曲は50曲足らず――そのうちいくつかは、後にクリームや(「Cross Road Blues」)、キャプテン・ビーフハート(「Terraplane Blues」)、ローリング・ストーンズ(「Love in Vain」「Stop Breaking Down」)らによってカバーされた――ハウリン・ウルフやエルモア・ジェームス、メンフィス・スリムといった面々と演奏し、名声を手にした。「最高のブルースがどんなものか、知りたいか?」と、かつてキース・リチャーズは言った。「これがそうさ」 1938年8月、27歳の誕生日からわずか数カ月後、ジョンソンは出演していたライブハウスのオーナーの妻に言い寄り、口の開いたウィスキーを勧められ、それを飲んだ3日後にストリキニーネ中毒と肺炎で死亡した。彼の遺体はミシシッピー州の名前のない墓に埋葬されている。


・ブライアン・ジョーンズ


(Photo by Mark and Colleeen Hayward/Getty Images)

1969年、ジョーンズがイングランドの別宅で死んだのは自らの愚かな行動が招いた結果に見える。アルコールとドラッグを併用してプールに飛び込むことは、死神の腕の中へまっすぐ泳いで行くようなものだった。これほど明白でありながら、多くの人々が事件の公式発表に疑問を投げかけ、ブライアン・ジョーンズの死はロック史最大の謎として今も語り継がれている。ローリング・ストーンズのメンバーでさえも疑問の声を上げている。「彼の死を巡る謎は未だ解明されていない」と、かつてキース・リチャードは言った。「実際に何があったかは知らないが、なにやら良からぬことが起きていたんだよ」


・アラン・ウィルソン


(Photo by Susie Macdonald/Redferns)

キャンド・ヒートは作品的にも商業的にもかなり成功し、1969年には見事ウッドストック出演を果たした。だが、ギタリストの“ブラインド・オウル”ことアル・ウィルソンは悩み多き男だった。27クラブの大半のメンバー同様、彼もまた家族と疎遠だった。自信が持てず、鬱病に悩まされていた。彼の奇行のひとつに「屋外で寝る」というものがあったが、ボーカルのボブ・ハイトのロサンゼルスの自宅で迎えた人生最期の夜もそうだった。1970年9月3日、ハイト宅の庭でウィルソンの遺体が発見された。胸の上で両手を組み、傍らには睡眠薬セコナールの瓶があった。公には睡眠薬の過剰摂取による事故死とされたが、ドラマーのフィト・デ・ラ・パラは自殺だと信じていると語っている。


・ジミ・ヘンドリックス


(Photo by Michael Ochs Archives/Getty Images)

1970年9月18日金曜日未明、ロンドンのガールフレンド宅に滞在中、ジミは睡眠薬を飲んだ。彼が何粒服用したのか、薬の中身を知っていたのか、誰もはっきりとはわかっていない。彼が服用した薬は強力な鎮静催眠薬ヴェスパラックス。たった半錠で8時間ぐっすり眠りこけるほど強力な薬だった――ジミは最大9錠服用した可能性がある。その上酒も飲んでいた。愚かで向こう見ずな行為だが、彼らしくもある。ツアー暮らしの数年間で、ジミはドラッグを見境なく服用するようになっていた。「ジミはヤクを一掴みして、中身も確認しないまま飲んでいた」と、友人のディーリング・ハウも語っている。

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事