LUNA SEA、誰一人欠けることなく聖夜に届ける30年の奇跡

LUNA SEAがクリスマス近辺にさいたまスーパーアリーナでライブを行うのは恒例となっている

2019年12月21日と22日の2日間にわたり、さいたまスーパーアリーナでLUNA SEAによるライブ「30th Anniversary LIVE LUNATIC X’MAS 2019 さいたまスーパーアリーナ2days」が開催された。ここ数年クリスマスの時期に開催される大規模なLUNA SEAのライブは、毎年ファンが心待ちにしている一大イベントであるが、今年でデビュー30周年を迎えるLUNA SEAとSLAVE(ファンの総称)にとっては、特にスペシャルな2日間となった。ここでは、2days公演の2日目の公演のライブレポートをお送りする。

定刻を少し過ぎた頃、会場が暗転。ここ数年はベートーヴェンの「月光」が登場SEとして使われることが多かったが、今回は賛美歌が流れるとともに天井から降りてきたミラーを用いて光の柱が描かれ、神聖な教会のような雰囲気を醸し出す。間もなく、白黒の衣装に身を包んだメンバーがステージに登場。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の主題歌にもなり、活動30周年の今年にリリースされた「宇宙の詩〜Higher and Higher〜」からライブがスタート。十字架型のスクリーンには、銀河を駆け巡る光の映像が映し出され、壮大なスケールの幕開けとなった。と思えば、2曲目から打って変わり、イントロに合わせて火花も上がり、赤のビームとともに攻撃的なサウンドが印象に強い「The End of The Dream」や、間奏でかつての自分への遺書を読み上げるJの恒例のマイクスタンド投げなど、大盛り上がりの代表曲「ROSIER」とアップチューンを立て続けに披露。最初から爆発力のあるエッジなサウンドで盛り上がりを見せた。



この前半のライブを観て、「Sweetest Coma Again」など従来の攻撃的なサウンド、最新アルバム『CROSS』 収録の「悲壮美」や「THE BEYOND」など壮大な世界観を描いた楽曲のスケール、どちらの中でもRYUICHIの歌声は、今年初めに発表された本人の肺腺癌や、10月に報告した声帯ポリープの切除手術があったことを全く感じさせない。それどころか、「闇火」で歌唱するRYUICHIはむしろ、これまであまり見られなかった、全身を使って感情を剥き出しに歌う。一層力強さを増し、伸びと艶のある声は欠かせない唯一無二のものであることを体感させた。バンドを勢い付ける核でもあり、エンジンとなるような真矢のパワフルなドラミングとJの太く歪んだベースライン、INORANの彩りを添えるクリーンなアルペジオ、SUGIZOの時に凶暴に叫ぶように深くエフェクトが掛かり、サステインもあるギターサウンド。時にはぶつかり合い”終幕”を挟んでいるものの、これらの強すぎるほどの個性が、それでも相互に絶妙に噛み合い続けてきた。だからこそ、一度もメンバーが変わることなく、LUNA SEAは未だに第一線で活動の30年目を迎えることができたのだと感じる。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE