INORANが語る音楽人としてのアイデンティティ「常にドアを開いていたい」

最新アルバム『2019』をリリースするINORAN(Courtesy of KING RECORDS)

今年結成30周年を迎えたLUNA SEAのギタリスト・INORAN。LUNA SEAのアルバムと並行して制作していたINORANのソロアルバム『2019』が8月7日にリリースされる。

今回は『2019』のことを中心にINORANに1時間以上のロングインタビューを敢行。アルバムのことを語りながら、音楽制作の意味や、2019年以降の未来についての想いも語ってくれた。

―今年はLUNA SEAの結成30周年で、大きなライブや、アルバムリリースを12月に予定していて、このソロアルバム『2019』を一体いつ制作したのか、正直、不思議なほどです。魔法でも使ったんじゃないかと(笑)。

(笑)ちゃんと作ってますよ。スケジュール的には2月に2週間ぐらいでデモテープを作って、3月の初めからリズムを録って、6月までには完成しました。正直、思ったより時間が掛かりましたね。同時にLUNA SEAのレコーディングがあるので。

―リリースのタイミングが元々8月に決まっていてそこから逆算して2月のプリプロだったんですか?

そうですね。もうギリギリのタイミングでした。それまでLUNA SEAの曲のアレンジとかをして、次の日から作り始めた感じです。

―ソロに向かう時はLUNA SEAとは別のスイッチが入るんですか?

そんなに変わらないかな。このアルバムのデモテープを作りますっていう日があって、その前の日まではLUNA SEAをやってました。それもTM NETWORKさんの「BEYOND THE TIME」のカバーのアレンジをしてたんです。それが終わってデータを送って。で、その次の日からソロをやり始めましたね。

―翌日から?

やる気があれば出来ますよ。全てやる気の問題だから。

―全ては気合いだと?

気合いじゃなくて、気持ち、ですね。

―でも、それだけハードスケジュールだと肉体的にも疲れていて、気持ちを上げるのも大変だとは思うんです。

今はさすがに疲れてる。疲れてるって言うぐらい疲れてる(笑)。

―INORANさん、「疲れてる」って口に出さないですよね。10年近くお付き合いさせていただいていますけど、今回初めて聞いた気がします。

ジョーさんの前では言うけど、他の人には言わないですね。それに言うとその言葉に支配されちゃうから。だから、今の「疲れてる」のところは消しておいてください(笑)。

―でも、嬉しい悲鳴ですよね?

そうそう。幸せなことですよ。ソロ、LUNA SEAとアルバムを2枚も同時に作れてるっていう状況は。

―なかなかそういうミュージシャン、今いないです。多くの人は作りたくても作らせてもらえない。

うん。幸せなバンドだし、俺自身も本当に幸せだと思います。

―さて、アルバム・タイトルが『2019』。正直“やられた!”って思いました。タイトルに令和を付ける人はいるけど、サウンド的にINORANさんのソロに『令和』はない(笑)。でも、確実に今年2019年は時代は変わってるし。今回は歌詞もオール英語なので『2019』は絶妙だなぁと。

ありがとうございます。大体アルバムを作っている時って、途中で何かキーワードが出て来るんですよ。“今回はBEAUTIFUL NOWだな”とか。でも、今回はそれがなかったんです。なかなか出てこなくて。どうしようと思った時に、自分が生きている今のこの時代、元号が平成から令和に変わったし、今年の9月にはラグビーのワールドカップもあるし。元号が変わった瞬間の皆のポジティヴなエネルギーが合わさって、すごく幸せな時間が何日も流れた感じがしたんですよ。令和になって“おめでとう”の祝賀ムードもあるし、皆で喜びを共有するっていうのが久々な感じがしたんだよね。この10年ぐらいネガティヴな空気が、メディアも世の中も含めて強かった。そういうのも最近ちょっと変わりつつあるなって感じていて。ネガティヴなことがポジティヴなもので減っていっている気がしてる。決してネガティヴなことがなくなるわけではないけど、言いたいことが言えない時代から、言うことの勇気がまた復活しつつある空気があったりとか、俺にはそう感じてるんです。それでこの2019年っていうのは日本人として、ミュージシャンとしてポイントになる年になるんじゃないかなって。もちろんLUNA SEAの30周年というのもあるし。それをタイトルに残しておきたかった。それで『2019』って良いかなって。

―それじゃあ元号が変わった後に思いついたタイトル?

そうですね。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE