LUNA SEA、誰一人欠けることなく聖夜に届ける30年の奇跡

LUNA SEAがクリスマス近辺にさいたまスーパーアリーナでライブを行うのは恒例となっている


先に供述した攻撃的なサウンドはもちろん、宇宙のような近未来的幻想がイメージされたステージングで披露したTM NETWORKのカバー「BEYOND THE TIME〜メビウスの宇宙を超えて〜」、「闇火」のような儀式的な世界観などLUNA SEAの魅力を存分に伝えたライブ中盤。真矢のドラムソロのコーナーでは、能の囃子方の太鼓と笛が奏でる和の世界に。能や和太鼓の世界に幼少期から触れていた真矢のドラムプレイが、和の世界へと要所要所でマッチしていく。大型コンサートで使用したのは真矢が世界初であるというPearlの電子ドラム「e/MERGE」のサウンドを織り交ぜた、手数の多い激しいドラムプレイへと変化していく。恒例のコール&レスポンスでは、「もっとこいよ! 俺たちの30年はこんなもんじゃねえよな!」と、いつもに増して熱のある煽りで会場からの声を誘う。最後には音玉が鳴り、かなりスペシャルなドラムソロとなった。



「お前らサイコーにかっこいいぜ!」と真矢が締めくくるとともにオケが鳴り響き、続いてJのベースソロへ。「スーパーアリーナ! 続いて行くぞー!」とJが叫ぶと、ステージスクリーンの十字架の下、四つ打ちのノリやすいドラムの上に、かなりファジーなベースサウンドと共にコール&レスポンスを繰り広げる。最後には「Merry Christmas」の文字が現れ、童謡「ジングルベル」のメロディを弾く場面もあった。ベースソロでテンションの上がったJは「クリスマスだし? 30周年だし? 俺はなんかテンション高えし! このままの勢いで次の曲コールさせてもらいます!」と、ファンの中でも人気の曲「JESUS」へ。ドラム・ベースソロからの勢いもあり、会場からの悲鳴のような歓声も一層大きく響いた。


タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE