スカパラ谷中敦が自らに問う「正直な生き方」

Joe Yokomizo | 2018/04/02 17:30

| Rolling Stone Japan vol.02掲載/Coffee & Cigarettes 04 | 谷中 敦(Photo by Kentaro Kambe) |

音楽、文芸、映画。長年にわたって芸術の分野で表現し続ける者たち。本業も趣味も自分流のスタイルで楽しむ、そんな彼らの「大人のこだわり」にフォーカスしたRolling Stone Japanの連載。四組目のゲストは、東京スカパラダイスオーケストラの顔であり支柱でもある谷中敦だ。

Coffee & Cigarettes 04 | 谷中 敦(TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA)

タバコをくゆらす仕草はまるでハードボイルド映画の主人公のようだ。実際、役者もこなすこの男、谷中敦。東京スカパラダイスオーケストラの顔であり支柱でもある谷中は、バリトンサックス担当。ライブではヴォーカルやMCもこなす。それだけではなく、作曲は当然のことながら、ここ10年ほどは、スカパラのヴォーカル曲のほぼ全ての作詞も手掛けている。

谷中のことを書き出す前に念のため、東京スカパラダイスオーケストラの説明を少々。スカパラは既にデビューから29年が経つベテランのスカバンド。その実力、知名度ともにワールドクラスで、今年に入ってからだけでも、1月にシンガポールにてワンマンライブを行ったかと思えば、2月にはメキシコ最大規模のスカのフェス『NON STOP SKA FESTIVAL』にヘッドライナーで出演し、今やスカのメッカとも言われているメキシコのオーディエンスを熱狂させた。

日本国内でもジャンルや年代を越えて、ノーボーダーでスカパラの音楽は浸透していて、スカのフェスはもちろん、ジャズ、パンク、ロックとあらゆるジャンルのフェスに出演しているし、対バンや共演するアーティストも若手からベテランとエイジレスでジャンルレスだ。谷中自身も「管楽器を必要としてくれるバンドや音楽ならどんな連中とも仲良くしたいし、そいつらと面白いことをして、良いシーンを作りたいんだよね」と取材の冒頭で語ってくれた。

そして、その谷中の言葉通りのスカパラのニューアルバム『GLORIOUS』が3月14日にリリースされた。このアルバムに参加している面子もボーダレスでバラエティ豊かだ。若手では、UNISON SQUARE GARDENの斎藤宏介がヴォーカル&ギターで1曲参加している。また、国境を超えてプエルトリコ出身の女性シンガー、iLeも1曲参加。さらに国境もジャンルも超えてブラジルのNo.1ラッパーであるEmicidaが参加。この曲はFPMがリミックスを手掛けている。本作に収録された曲に限らずだが、スカパラのコラボ曲は毎回どれもいい塩梅なのだ。ゲストに寄りすぎてスカパラらしさを失うこともなければ、スカパラの世界全開にして相手の存在を消すこともない。

RECOMMENDED

おすすめの記事