2丁目劇場時代から変わらないFUJIWARAの不思議な「凸凹感」

Rolling Stone Japan vol.02掲載/Coffee & Cigarettes 03 | FUJIWARA(Photo by Tsutomu Ono)

音楽、文芸、映画。長年にわたって芸術の分野で表現し続ける者たち。本業も趣味も自分流のスタイルで楽しむ、そんな彼らの「大人のこだわり」にフォーカスしたRolling Stone Japanの連載。三組目のゲストは、芸歴の長さで言えばベテランの域に入るFUJIWARAです。

Coffee & Cigarettes 03 |
FUJIWARA

芸歴の長さで言えばベテランの域に入るFUJIWARA。原西の一発ギャグや藤本の飄々としたキャラがハマり、今やテレビのバラエティには欠かせない2人の強烈な色。その凸凹感が不思議なコンビの軌跡をたどる。

FUJIWARA。結成から既に29年が経つ、お笑いコンビとしては中堅以上の存在で、バラエティ番組への出演なども含め、2人のことを知らない読者はいないと思う。喫煙歴約20年の愛煙家で大好きなタバコを吸いながら撮影に臨んだのが、ツッコミとネタ作り担当のフジモンこと藤本敏史。プライベートでは木下優樹菜の旦那さんで2児のパパ。お笑い芸人としてだけではなく、理想の夫婦や育メンとしての露出も多い。相方は原西孝幸。強烈なボケ担当で、破壊力抜群の一発芸でも有名。漫才内でもピンでも披露するこの原西の一発芸には多くのファンがいる。

インタビューが始まると両者の性格が対照的なのにすぐ気づく。藤本は気配りの人で、よくしゃべり質問に的確に言葉を返してくれる。ネタ作りもする藤本は分かりやすく言えば、論理的な人間だ。一方の原西は藤本の真逆で、マイペースで、独特の間で独特の角度から言葉を短く返してくる。破壊的な一発芸を武器とする原西は感覚的なタイプのようだ。“コンビ”とはうまく言ったもので藤本と原西は完全に凸と凹の関係で、2人の存在は真逆だからこそ一つのコンビになるんだなぁと、インタビュー開始早々から思った。

そんな2人が出会ったのは地元の大阪府寝屋川市にある公立高校。高校3年のとき、たまたま同じクラスになったのがきっかけだった。

藤本は、小さい頃からお笑いが好きだったが、ダウンタウンが司会を務める関西ローカルの『4時ですよ~だ』を観たことで、その気持ちが増幅し、ついに心斎橋にある2丁目劇場に足を運ぶようになる。劇場でもテレビでも、藤本が目にしたのは黄色い声援に包まれるお笑い芸人。これを見た藤本は、芸人になることを決めた。そしてNSCというダウンタウンも卒業した吉本のお笑い養成学校があることを知り、就職も進学も諦め、「俺はNSCに行って芸人になるでぇ」とクラスでも宣言をするようになる。

そんな藤本の話に反応したのが原西だった。とはいえ、原西はプロの芸人志向ではなかった。当時の様子を西原は振り返る。「オモロイことは好きやったんですけど、大学に行くことが決まってたんです。しかも、オモロイことをしてお金をもらえるシステムがそもそも分からなかったし、“笑いのプロ”っていう意味が分からなくて。なので、NSCに行くのも、たとえるなら、高校のテニスサークルで全国大会に出るような感覚ですよ。サークルで全国大会に出てもお金ってもらえないじゃないですか? そんな感じだったんで、大学に行きながらNSCに行こうと思って」

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事