BiSH、コロナ禍中に生まれた3.5thアルバムという「手紙」と歌割りの新境地

楽器を持たないパンクバンドBiSH

BiSHがメジャー3.5thアルバム『LETTERS』を7月22日にリリースした。コロナ禍による現状を見据え、元々予定されていたシングルリリースを変更し、新たに楽曲を制作し完成させた全7曲収録のアルバム。テレビアニメ『キングダム』オープニングテーマ「TOMORROW」、ドラマ24『浦安鉄筋家族』エンディングテーマ「ぶち抜け」、「夜の遊園地からの脱出」主題歌「co」の3曲のタイアップ楽曲を収録しつつ、CD盤には初回出荷される全てにメンバー手書きによる「世界に一つだけのアナザージャケット」が封入されるなど、リスナーに届けることをとことん意識していた『LETTERS』。本作品はどのようにして完成に至ったのか。メンバー6人に話を訊いた。

ー最近は「CDTVライブ!ライブ!」や「ミュージックステーション」に生出演するなど、テレビへの出演の機会も増えてきましたね。少しずつ日常は戻ってきた感じはありますか?

チッチ : ちょっとずつって感じです。

ーやっぱり、まだお客さんの前でライブができていないですもんね。

チッチ : そこはさみしいですね。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE