UFO映像公開は「僕たちが真実を突き詰めたから」、パンク界の研究第一人者が明かす

トム・デロング(Photo by Emma McIntyre/Getty Images)



ー一部の天体物理学者は、戦闘機が画像を処理する際の「コードにバグ」が発生したのではないかと言っていると、ニューヨーク ・タイムズ紙は報じています。

トゥー・ザ・スターズが調査したニミッツの件もそうだったけど、映像だけじゃなくて、レーダーのデータもあったんだ。それを見た専門家がいるし、国防総省も調べた。つまり大抵の場合、軍が使ってる、この世で一番高性能のレーダーが観測した複数の物的証拠がある。これはどんな距離分でも空間を3次元的に見ることが出来て、これを衛星データとかと合わせて見るんだ。だから僕らは「1人が見たからこれは未確認飛行物体に違いない」って言ってるんじゃないんだ。いくつものシステムに観測されていろんな団体に承認されたから僕らはこう言うし、本当に大きな出来事だと思ってる。バグとか乱れだなんて言うのは無知をさらしてるだけ――データを見てもいなければ探そうともしていない――これがこういう発言をする懐疑的な人の一番の問題なんだ。慎重なのは良いことだけど……データが出ているのに、それを見もせずに恥ずかし気もなくあんな発言が出来るなんて、賢い方であるはずの人の視野の狭さが露呈されているよ。本当に驚くばかりだよ、もっと高く評価してたのに。

ー国防総省がなぜこのタイミングでこうしたかご存知ですか?

たぶんトゥー・ザ・スターズ・アカデミーが発端だと思うよ。上院・下院の議員に説明するために走り回ったり、プロジェクトにまだ携わっている人と政府の他の人間の間を繋げて情報が伝達されるようにしたり、研究機関にデータをスムーズに送るシステムの作り方を国家安全保障政策に助言したりして来た。そして政府にいる人間はこういうことについて嘘をついてはいけない。こんなもの実在しないなんて言えないんだ。秘密が暴かれた今、時間はかかったけれど、物事が進んでいる行程を目の当たりにしている。国防総省はもちろん大忙しだけど、でも彼らが会議を開いて「どうする? 全て存在しないかのように振る舞うのか? 嘘をついて、真実でないことを言って議会でさらし上げられて、辞職させられるところをCNNで生中継されるような奴にはならないぞ」って言っているのを見ているんだ。

ートランプ大統領は「大した映像だ」と言っていました。

彼にも説明があったのは知っているよ。説明を受けたって言っていたからね。彼はなぜ「これが本物かどうか私は特に知らない」みたいなことを言うのか不思議に思うことがよくあるよ。実際の行動よりも多く知っているようなものの言い方をするんだ。僕は直接大統領と話さないからね。説明を受けたっていうことだけ知っているよ。大規模な説明会があって、こういうことを言うのはきっと舞台裏で、このことをどう一般に公表すべきかっていう議論がたくさん交わされたからだと思う。だから彼がまたそれについて発言してくれたのは嬉しいよ、後押しになるからね。

Translated by Mika Uchibori

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE