UFO映像公開は「僕たちが真実を突き詰めたから」、パンク界の研究第一人者が明かす

トム・デロング(Photo by Emma McIntyre/Getty Images)




blink-182 ロサンゼルスで行われた1999年のティーン・チョイス・アワードにて(Photo by Jeff Kravitz/FilmMagic, Inc/Getty Images)

ー自宅待機中はどう過ごしていましたか? またはどう過ごす予定ですか?

他のみんなと同じように、昔の映画を観ていたよ。今日は古いエルヴィスの映画を観た。音楽をたくさん聴いて、運動もたくさんしてる。サンディエゴで出来るのことなんてそのくらいだよ。

ー先日blinkについて素敵なメッセージを投稿していました。「blink-182を16から始めて……様々な機会を与えてくれて、今でも関係が続いている素晴らしい友達も授けてくれた」。このきっかけを教えて欲しいです。

まずは、昔の写真を見ていて、ただ書きたくなったんだ。マークとトラヴィスとも定期的に連絡を取っていて、ついこの間マークと話して、トラヴィスとも1週間か2週間に一度は話すんだけど、ちょっとセンチメンタルな気分になって。でも特に深い意味とかはないよ。

みんな「また一緒に演るのか?」って知りたがってる。もちろん演るよ。ただタイミングとか、みんなの都合を考えなきゃいけない。今はエンジェルズ・アンド・エアウェーブズがキてる。僕たちは今まで作って来た中で一番良いアルバムを出す準備をしているから、今はそれですごく忙しい。映像プロジェクトも複数ある。知っての通り、トゥー・ザ・スターズ・アカデミーはまだ盛り上がり始めたばかり。責任を持ってやらないといけないことがたくさんあるから、楽しそうだからってそれを投げ出してすぐにblink-182のツアーを回るわけにはいかない。大変なことだから、ちゃんと時間を確保しなきゃいけない。だから「1年や2年も先の予定をどう立てよう?」って感じなんだ。

ーエンジェルズ・アンド・エアウェーブズもツアーを始められるようになって欲しいですね。見られるのが楽しみです。

本当そうだよね。コンサート業界が――そして映画業界も――制作すら出来ないほど全滅させられるだなんて誰も予想出来なかったよ。世界を封鎖? たくさんの人が苦しんで、職を失ってる。ホテル、レストラン、美容室、こういうところがどうやってこれを乗り越えられるか全くわからない。ただ政府がもっと出来ることをして欲しいと願うばかりだよ。するとは思うけど、助けるための法案に今度は別の変な条件をつけて来ようとすると思うんだ、外食業界を救うために移民問題と結びつけるとか、政治利用されてばっかりで。本当に今はやめて欲しいと思う。みんなもっと友好的に協力して欲しい。

Translated by Mika Uchibori

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE