デビュー40周年を迎えた松田聖子80年代の10曲、加山雄三の永遠さに近いものがある

松田聖子 1985年撮影(Photo by Tim Roney/Getty Images

音楽評論家・田家秀樹がDJを務め、FM COCOLOにて毎週月曜日21時より1時間に渡り放送されているラジオ番組『J-POP LEGEND FORUM』。

日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2020年5月の特集は、今年4月にデビュー40周年を迎えた松田聖子特集。デビュー40周年記念アルバム『SEIKO MATSUDA 2020』のリリースが9月30日に予定されている彼女の軌跡をデビュー年である1980年から遡っていく。第1週目となる今回は、1980年代の楽曲から10曲を選出し解説する。

こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人、田家秀樹です。今流れているのは松田聖子さんの「SWEET MEMORIES ~甘い記憶~」。1983年のシングルでした。でも、お聴きいただいてお分かりのように、ちょっと違います。英語の部分が日本語になっております。4月1日に配信で発売になりました40周年バージョンです。当時書かれていた日本語の歌詞がマスターテープと共に発見されたそうで、それを知った松田聖子さんが、是非歌い直したいということで再録音されました。今月の前テーマはこの曲です。



2020年5月の特集は、松田聖子。1980年4月1日にシングル『裸足の季節』でデビュー、今年で40周年です。それまでのアイドルの常識や概念を打ち破りました。そしてアイドルであることと歌い手、さらに人間的な成長を両立させたという意味でも、史上唯一の存在ではないでしょうか。チャートやセールス、記録も数々あります。そして音楽的なクオリティ。中でも1980年代の彼女の活躍は、いくら語っても語りきれないほどのテーマとストーリーに富んでいます。この番組はどちらかと言えばシンガー・ソング・ライターを取り上げることが多いんですが、この番組ならではの特集になれば。40年間、彼女は何を歌ってきたのか? 彼女の功績とは何なのか? 4週間に渡って語っていこうと思います。

今回はゲストはおりません。私1人でどこまで語れるのか、どんな発見が待っているのかと思いながら始めていきます。4週間ですからね。40周年なので40曲選んでみました。「J-POP LEGEND FORUM」松田聖子40周年特集Part1、まずはこの曲からですね。1980年4月1日発売「裸足の季節」。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE