『誰も知らない』から『真実』まで、是枝裕和監督が見てきた「女優」のあり方

是枝裕和監督(Photo by Hana Yamamoto)



ーそういう母と娘の間に入ってくる、ビノシュの夫、イーサン・ホークが良い感じで緩衝材の役割を果たしていますね。

是枝:彼はちょっと情けない役が巧いんですよ。ダメになりきらないところがいい。(リチャード)・リンクレイターとの仕事が圧倒的に良くて、監督とキャストがすごく良い関係で作品を作っている。イーサンは視線が監督寄りなんですよね。監督の視線で現場を見てる。こっちが考えていることを、すごくわかってくれているんです。


ハンク・クーパー役を演じたイーサン・ホーク photo L. Champoussin ©3B-分福-Mi Movies-FR3

ーイーサンもはまり役でした。映画を拝見していて印象的だったのは、役者の佇まいや演技の間、カメラワークなど、見事にフランス映画になっていたことです。フランス映画を作る、という意識はあったんでしょうか?

是枝:むしろそこを考えないようにしていました。普段、「日本映画を撮ろう」と思って撮ってないから、今回も「フランス映画にしよう」と思わないほうがいいと思って。ただ、目の前にいる役者さんたちをどう魅力的に活かすか、自分が選んだ家の空間をどう魅力的に撮っていくかっていう、日本でやっていることと同じことをやれば、ちゃんと映画的になると思ったんです。畳で暮らしている日本人と、ああいう空間で暮らしているフランス人の動き方は当然違う。家のなかの動き方が違うだけでカメラワークが変わっていくんですよ。

ー役者の動きでカメラワークが変わる?

是枝:日本映画だと非常に家の中の移動が難しい。でも、フランスは家のなかに段差がないから、タイヤの移動車を使うとカメラが部屋と部屋を簡単に横断出来るんです。だから、僕がカット割りしてたところを、エリック(カメラマンのエリック・ゴーティエ)が「部屋から部屋までワンカットでいけるよ」って。それでずいぶんカットが省略されました。人の動きにあわせてカメラが二部屋動ける。ヘタすると三部屋動かせるというのは、作品のリズムに大きく影響していて、もしかすると、それがフランス映画っぽいリズムを生み出しているのかもしれないですね。


photo L. Champoussin ©3B-分福-Mi Movies-FR3

ーなるほど。素材の魅力を引き出そうとすることで、自然とフランス映画になっていくんですね。本作は家族の物語であると同時に、ファビエンヌの生き方や女優たちの名演を通じて「女優とは何か」と考えさせられる物語でもありました。ある映画監督が「人間には3種類いる。男と女と女優だ」と言っていましたが、監督からみて女優とはどんな存在ですか。

是枝:この映画を制作する過程で読んでいたトリュフォー(映画監督のフランソワ・トリュフォー)の本に出ていた言葉で、「演じることは手袋に似ている。女が10人いたら9人は手袋が似合う。男で手袋が似合うのは10人のうち1人しかいない」っていうのがあったんです。女性と「演じること」は切っても切れない関係だという意識があったから、トリュフォーはあれだけ女優を撮ったんだと思いますね。子役もそうで、女の子は自分と違う役に自然に入っていくけど、男の子は自意識を引きずっている。

ー男は大人になっても、自意識とかプライドを捨てられませんよね。

是枝:そう。プロの役者でも自意識を引きずっているのは男が多いかな。女優さんのほうがそこは切れてる。『誰も知らない』を撮っていた時に、男の子二人がケンカをするシーンがあって。お兄ちゃん(柳楽優弥)が弟(木村飛影)のラジコンを蹴っ飛ばすんだけど、ラジコンを蹴られることを知らなかった弟は本気で怒ったんです。撮影が終わって、帰りの車の中でも二人は顔をそむけてケンカが続いてて、それを見た長女役の女の子(北浦愛)が「馬鹿じゃないの。お芝居なのに」って言ってたのがすごく印象に残ってますね。

ー大人ですねー(笑)。

是枝:長女役の女の子は、現場で脚本を渡した時に、京子っていう役柄を意識して僕に訊くんです。「京子はこの時、どんな気持ちなんですか」って。ちゃんと自分と役を分けている。あとで彼女に聞いたら、(撮影現場の)アパートの入り口をくぐって階段を昇っているうちに京子になるらしい。でも、柳楽君はアパートを出て家に帰ってからも、ずっと役をひきずっていたってお母さんが言ってました。

ー女性は自然に演じることができる、だから母と娘も親友になったり、ライバルになったり、いろんな関係になれるのかもしれないですね。その点、男同士の父と息子は、ぶつかるしかない。

是枝:そう。男の方が単純なんです(笑)。


Photo by Hana Yamamoto




『真実』
TOHOシネマズ 日比谷ほかにて公開中
原案・監督・脚本・編集:是枝裕和
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホーク、リュディヴィーヌ・サニエ
撮影:エリック・ゴーティエ
配給:ギャガ
©2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA
公式サイト:https://gaga.ne.jp/shinjitsu/

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE