オジー・オズボーンが選ぶ、究極のメタル/ハードロック・アルバム10作

オジー・オズボーン(Photo by Mike Hutson/Getty)



AC/DC『地獄のハイウェイ』(1979年)

ブライアン・ジョンソンは大好きだけど、俺にとっては親愛なる友人、故ボン・スコットこそAC/DCのベストシンガーだ。このアルバムはすっかりハマっちまったものだよ。




アリス・イン・チェインズ『フェイスリフト』(1990年)

もう一つの衝撃デビュー。「Man in the Box」は名曲だね。レイン・ステイリーはいい男だった。彼が自分のなかの悪魔を克服できなかったのは残念だな。




ガンズ・アンド・ローゼズ『アペタイト・フォー・ディストラクション』(1987年)

史上最高のデビュー作の一つ。このなかに退屈な曲は一つも入ってない。聴きながらくたびれたことは一度もないね。




ジューダス・プリースト『ブリティッシュ・スティール』(1980年)

俺に言えるのは、ジューダス・プリーストの連中は同じバーミンガム出身の仲間というだけでなく、メタルの歴史を通じて最高のバンドの一つであるってこと。このアルバムには「Living After Midnight」「Breaking the Law」と「Metal Gods」が入っている。『ブリティッシュ・スティール』は不朽の名作だよ。




レッド・ツェッペリン『レッド・ツェッペリンIV』(1971年)

俺はいつだってレッド・ツェッペリンの大ファンだ。スタジオ作の全てが名盤だけど、このアルバムが俺のオールタイム・フェイバリットだね。


Translated by Rolling Stone Japan

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE