シド、インタビュー「16年で積み上げてきたものを削ぎ落とし、また組み立てている」

9月4日(水)に最新アルバム『承認欲求』をリリースするシド



―アルバムをリリースするまでの間、各々ソロの活動もありましたが、そこで学んで持ってきたものっていうのがあったりします?

明希:ソロに関しては、ミックス、マスタリングも自分でやったので、今回もベースのサウンドの作り方は今までとはちょっと違うようにできました。僕はサウンド面で、ベースをレコーディングして、その時に録れた音と、最終的に音源として世に出るのを予想しながらいろんな風に録ったんです。ライブのサウンドも、やっぱりエンジニアさんとも毎日毎日顔合わせて、PAさんと作っていったので。その辺はやっぱり勉強になりましたね。

マオ:僕はみんなをもっと近くに感じたい、みんなも僕のことを近くに感じて欲しいっていう思いをソロのコンセプトにしているんです。あの経験が、ファンのみんなが求めてる物のヒントにも繋がっていて。逆に何を求めてるかとかわからないと、ファンの予想を裏切るサプライズもできないというか。「承認欲求」っていうタイトルでこの曲が来たらファンのみんなはびっくりすると思うし、そういうサプライズをいっぱい仕掛けていくにはやっぱり、直接ファンのみんなの声は大事にしていきたいですね。

―ちなみに今回のアルバムの収録曲を選ぶ基準っていうのは明確にあったんですか?

マオ:選曲の時点で新旧たくさんの曲があるんですよ。その中からアルバムとして選ぶので、かなりバランスは意識していますね。今回のタイミングはこれだっていうのをシビアに選んで残った曲たちっていう感じですかね。

明希:今回の中で言ったら、引き算ありきで選ばれてる曲も多くて。当時の選曲の基準に合わなかったけど、今の感じだったらこれめちゃくちゃ合うじゃんって感じで、新曲として蘇ったというか。



シド最新アルバム『承認欲求』初回限定版B ジャケット写真

―ちょっと大きな質問になってしまうんですが、今は全世界的に見て、ヒップホップとか打ち込みの作品の方が、チャートで多く上がってくるような時代かなと思うんです。その中で、シドはバンドとして背負っているものもあるのかなと思って。今の時代にどういう思いを持ってバンドとして活動されているんでしょう?


マオ:一番は4人ともバンドしかできないからやっているっていうことですね。今からシドを聴いてくれる新しいファンの人がどうやって知ってくれるかなとか、そういうのは常にアンテナ張らなきゃダメだと思っていて。そこに対して俺たちは、常に新しい要素だったり、世の中の流れは組み込んでいきたいんですけど。でも、やっぱり俺たちはこれからもバンドサウンドでいくと思うんで。そこはブレずにやっていきたいし、もうそれしかやれないから。一生懸命みんなでやりたいです。


タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE