ローリングストーン誌がおすすめする、ノイズ・キャンセリング・ヘッドホン6選

Bowers & Wilkins


3.  ソニーWH-1000XM3 ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン
サンプル
Courtesy Amazon

ソニーはここ最近、ノイズキャンセル機能を向上させ、それによって莫大な収入を得ており、その結果を見せている—そして聴かせてくれる—のが、このWH-1000XM3ヘッドホンだ。HDノイズキャンセリング・プロセッサーはミュージック・プロセッサーと別に内蔵してあり、それらを含むこの技術の進歩は、たとえ飛行機に乗っていても、高い遮音性を誇る。ソニーのアダプティブ・サウンド・コントロールは、あなたがどこにいるか、何をしているかを見極め(例えば、地下鉄に乗っている、オフィスにいる、など)、環境に合わせた最善な音になるよう自動で調節がかかる仕組みだ。さらにソニーは、ヘッドホンが人の声や天気に合わせた微妙なノイズの変化も認識し、ブロックすると語っている。どのような機能かと言うと:“クイックアテンション”モードは、イヤーパッドを触るだけでボリュームを落としてくれる。お気に入りのボイスアシスタントに接続し、アレクサやGoogleプレイに音楽を流してと頼んだり、気温を聞いたりもできるだろう。

WH-1000XM3は、Bluetoothに接続していたとしても30時間再生可能なバッテリーを搭載。もしすぐにパワーアップが必要になったら?10分のチャージ(ACアダプタを使用して行う)で、5時間の再生が可能だ。

4. ボーズQuietComfort 35 ワイヤレス・ヘッドホン
サンプル
Courtesy Amazon

Amazonで2600以上のレビューを獲得し、星4.4が付いているボーズ QuietComfort 35は、ウェブ上での評価が非常に高い。オーディオ愛好家からカジュアルなリスナーまで、あらゆる人々に愛されるボーズのヘッドホンは、シンプルにボタン操作でき、またボーズコネクトアプリでの操作も可能。

QuietComfort 35独特の機能は、BOSE AR(Augmented reality,拡張現実)を使用できることだろう。搭載されている、マルチディレクショナル・センサーはあなたがどこにいて、何をしているのか(その動きによって)探知し、状況に合わせてより澄んだクリアなサウンドになるよう調節してくれる。

外での電話にも最適だ。このヘッドホンはノイズを除外するデュアル・マイクロフォンシステムを採用しており、周囲の雑音がうるさい場合でも、正確に声を拾うことができる。また、アレクサを繋げることで、声だけで音楽を聴いたり、設定を行うことも可能。一回の充電で、最大20時間再生が可能だ。付帯品にはキャリーケースとチャージケーブル、接続して使用する際必要なオーディオケーブルがある。

Translated by Leyna Shibuya

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE