ローリングストーン誌が選ぶ「2018年ベスト・ムービー」トップ20

左から時計周りに:『ROMA/ローマ』、『女王陛下のお気に入り』、『グリーン・ブック』、『アリー/スター誕生』ローリングストーン誌が選ぶ2018年ベストムービー20選

ローリングストーン誌の映画評論家のピーター・トラヴァーズが今年一年の映画をランク付け。モノクロ回想ムービーから『ブラック・パンサー』、レディ・ガガの主演映画に「レディオ・ガガ」を歌ったフレディ・マーキュリーの伝記映画まで、今年の洋画ベスト20本を一挙公開。

2018年のベストムービーは、それぞれが新たな歴史を刻んだ。動画ストリーミングの大手Netflixは『ROMA/ローマ』でオスカーレースの主役となり、これからの映画鑑賞は配給方式に左右されないことを証明した。マーベルは『ブラック・パンサー』で多様性とブラックパワーを称え、世間にかつてない衝撃をもたらし、コミック系ムービーの可能性を広げた。あの作品をきっかけに――『アリー/スター誕生』『グリーン・ブック』『妻たちの落とし前』も含め――映画スタジオは不毛な時期を乗り越え、ようやくカムバックを果たすことができた。

また、新たな世界への扉も開かれた。『ファースト・マン』はニール・アームストロングとともに月へ飛び立ち、『Eighth Grade(原題)』はデジタルの世界に迷い込んだ13歳の少女の頭の中をのぞかせた。スパイク・リー監督は『BlackKklansman(原題)』で人種問題を取り上げ、アダム・マッケイ監督は『バイス』でアメリカ元副大統領ディック・チェイニーをこき下ろし、ともに過酷な現実を辛辣なジョークを織り交ぜながら描いた。『スパイダーマン:スパイダーバース』は、極彩色のアニメーションと社会的共生を盛り込んだストーリーで新たな革命を起こし、ドキュメンタリー『Won’t You Be My Neighbor?(原題)』では、15年前に他界した子供番組の司会者ミスター・ロジャーズが分断するアメリカに良識を教えてくれた。ここに挙げる20作品はどれも世に一石を投じ、波紋を呼び、かつ観客を楽しませてくれた今年の最高傑作だ。

20位『Wont’ You Be My Neighbor』

議論が飛び交う年に、この映画は「まぁまぁ落ち着きなさい」と呼びかける。いまは亡きフレッド・ロジャース――TV番組『ミスター・ロジャーズ・ネイバーフッド』で子供たちに厳しい現実の処世術を授け、お茶の間の人気者となった彼のドキュメンタリー映画は、セラピストが口にする励ましの言葉でしかないかもしれない。モーガン・ネヴィル監督が手掛けた、時代を超えてやってきたタイムリーな作品が、興行的にも成績を収めたことは(興行収入2000万ドル以上、伝記映画では歴代最高記録)当然といえば当然だ。チャンネルを変えるたびに常軌を逸した世界を報じるニュースに打ちのめされる今、映画の良心ともいえる作品に出合った我々は、カーディガン姿の男性に敬礼し、こうつぶやかずにはいられい。「今こそ、あなたのような存在が必要なんです」。※日本公開は未定

19位『ボヘミアン・ラプソディ

マーキュリーが再び天に昇った。フレディ・マーキュリーの生涯を描いたこの作品の荒探しを書き連ねてもいいのだが、奇抜で、ド派手で、しかもずば抜けた才能の持ち主だったクイーンのリードボーカルを体当たりで演じたラミ・マレックの演技はお見事。クイーンのフロントマンがステージの上で会場を盛り上げる姿を目にしたときの、スタジアムを埋め尽くす熱狂的なエネルギーがよみがえる。外見、ステップ、観客に向かって「レディオ・ガガ」「ウィー・アー・ザ・チャンピオン」や映画のタイトルにもなったオペラ的「ボヘミアン・ラプソディ」を熱唱するあの気迫。そのすべてが、マレクの印象的な演技で再現されている。だがもっと重要なのは、決して自分らしくいられなかった男の魂も、そこに描かれているという点だ。※日本では、現在公開中

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事