クリント・イーストウッドが伝説の運び屋に。10年ぶりの監督・主演作が公開

『グラン・トリノ』以来10年ぶりの監督・主演作、『運び屋』の公開が控えるクリント・イーストウッド(Randy Miramontez / Shutterstock.com)

『許されざる者』(92)、『ミリオンダラーベイビー』(04)で2度のアカデミー賞®作品賞と監督賞を受賞したクリント・イーストウッドの最新作『運び屋』が、2019年3月に公開。前作『15時17分、パリ行き』(17)からわずか1年、88歳とは思えぬハイペースな仕事ぶりで監督・主演を務める本作のポスタービジュアルと特報映像が解禁となった。

メキシコからデトロイトへ大量のコカインが運びこまれている。麻薬取締局が必死の捜査の末に掴んだのはたったひとりで大量のコカインを運ぶ伝説の“運び屋”の存在だった。追跡捜査の末、怪しまれないように通常の速度違反のように停車し、警察の前に現れた“運び屋”は、しわくちゃの老人だった……。

物語のベースになったのは、2014年6月にニューヨーク・タイムズ・マガジンに掲載された「シナロア・カルテルの90歳の運び屋」という1本の記事。90歳の老人はなぜ麻薬カルテルの仕事を引き受けたのか。なぜ10年もの間、たった一人で“運び屋”としての危険な仕事を続けたのか? この記事をもとに『グラン・トリノ』(08)でもタッグを組んだニック・シェンクが脚本を執筆し、麻薬捜査をめぐる重厚でサスペンスフルなドラマに仕上げてみせた。



イーストウッドが監督・主演の両方を務めるのは実に10年ぶり。運び屋を追いつめる麻薬取締局の捜査官には、イーストウッド監督作『アメリカン・スナイパー』でアカデミー賞®主演男優賞にノミネートされたブラッドリー・クーパー。さらにローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシア、マイケル・ペーニャ、ダイアン・イースト、タイッサ・ファーミガらが顔を揃え、イーストウッドとは実際の親子であるアリソン・イーストウッドが主人公の娘役として出演する。

映画『運び屋』は、2019年3月8日(金)より全国ロードショー。



<映画情報>

『運び屋』ポスター

『運び屋』
2019年3月8日(金)より全国ロードショー
監督/出演:クリント・イーストウッド
『許されざる者』(92) アカデミー賞®作品賞、監督賞
『ミリオンダラーベイビー』(04)アカデミー賞®監督、作品賞受賞
脚本:ニック・シェンク(『グラン・トリノ』)
出演:ブラッドリー・クーパー(『アメリカン・スナイパー』アカデミー賞® 主演男優賞ノミネート)
ローレンス・フィッシュバーン(『TINA/ティナ』アカデミー賞® 主演男優賞ノミネート)
アンディ・ガルシア(『ゴッドファーザーPARTⅢ』アカデミー賞® 主演男優賞ノミネート)
マイケル・ペーニャ(『オデッセイ』)
ダイアン・ウィ―スト(『ハンナとその姉妹』『ブロードウェイと銃弾』(アカデミー賞® 助演女優賞受賞)
アリソン・イーストウッド(『タイトロープ』『真夜中のサバナ』『目撃』)
タイッサ・ファーミガ(『死霊館のシスター』)
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事